小学生の通信教育・家庭学習を解説するサイト

フクロウ先生の小学生向け通信教育ラボ

小学生の家庭学習

小学生の夏休みに子供が宿題しなくて困る!親の接し方とけじめのつけ方

更新日:

小学生の子供達にとって待ちに待った夏休み!

最も長い休みということもあり、どうしても気持ちも緩みがちですよね。

気がつけば夏休みの宿題ができていなくて大慌て!

なんて夏休みの締めくくりは嫌ですよね。

そうならないためにも、遊びと宿題のけじめをつけて計画的に終わらせておくのが無難です。

ここでは、夏休みの宿題をスムーズに終わらせるための親の接し方と、けじめのつけ方についてご紹介します。



[toc]

子供がなぜ夏休みの宿題をしないのかを理解する

物事全てに理由があり、その理由を知ることから解決への道が開けるものです。

原因がわからないと対策できない・・・。

それは子育てでも同じことが言えます。

夏休みの宿題を子供がなかなかしてくれない、それはなぜなのか?

子供によって細かい理由は様々あるかもしれませんが、小学生の子供が宿題をしない理由なんてほとんどが同じではないでしょうか?

宿題は大抵の子供にとっては楽しい好きなものではないはずです。

そうすると、どうしても楽しい事や好きな事を先にしてしまい、嫌なことは後回しになってしまうもの。

しかも、夏休みという長い期限が設けられていては、「まだ大丈夫!」という気持ちになってしまいます。

そしてそれは親の方も同じではなかったでしょうか?

「早く宿題しなさい!」と言いながらも、まだ日にちがあるからいいかという対応をしていませんでしたか?

それが積もり積もって気がつけば・・・

ということはありませんでしたか?

まずは、子供とよく話をしてなぜ宿題をしないのかを再認識してもらい、「宿題はやらなければならないもの。だったらどうする?!」という風に順序だてて一緒に考えていくことが大切です。

大事なのは、子供の気持ちを理解してあげることです。

ただ、理解はするけれど「それでよいのか?」と子供自身に問い考えさせます。

まずは本人に自覚させるからこそ、次のステップである解決策を考える事ができるのです。

 

親としてどう接すれば良いのか?

先程も少し出てきましたが、まずは子供自身に考えさせることが重要です。

しかし、子供だけでは解決までいかず、「まあいいか!」で終わってしまいがちです。

子供達は人間としてまだまだ未熟です。

できるだけ楽な方向へ気持ちが向いてしまうのは当たり前のことです。

だからこそ、ここからは親の出番。

子供が宿題をやりたくない気持ちをまずは聞いてあげて、いったんその気持ちは受け止めてあげて下さい。

だけど、その後やらなければいけないものだと改めて自覚させてあげます。

夏休みという期間の中で、宿題をしなければいけないということに変わりはありません。

いつ、どうやってやるかは別にしても、結局はやらなければならないものなのです。

そのことを改めて気づかせてあげて、導いてあげる役割が親にはあるのです。

次では具体的にどういった方法で子供が宿題をやるように導いていくのかを、一例でご紹介したいと思います。

 

けじめのつけ方を一緒に考える

人間誰でも嫌なことはやりたくないですし、できれば避けて通りたいものです。

小学生の子供達でもそれは同じことで、だからこそ宿題が後回しになってしまい、楽しいことばかりを先にやってしまいがちなのです。

親もせかっくの夏休みだし、と大目にみながら夏休みがスタートし、そのまま気がつけば夏休みの最後に泣きを見る事になってしまうのです。

では、そうならないためにはどうすれば良いのでしょうか?

我が家の方法は《嫌なことから先に片付けてしまう》ことです。

夏休みの宿題

これは宿題だけのことに限らず、全てにおいてそう対応することは、生きていく上でも大事なことだと思います。

嫌なことを後回しにするような人間に育たないためにも、嫌なことから片付けるくせを身に付ければ、きっと世の中を渡っていく上でも役に立つと思います。

もっと言えば、嫌なことから逃げない強い人間にもなれるという事にもつながっていくのです。

少し話が逸れましたが、子供が宿題をやるように導いていくためには、楽しいことばかりをするのではなくて、夏休みの宿題を終えなければいけないことを本人に納得させるのです。

家族で出かける予定も、遊びに行くのも宿題が終わってから!

という強硬手段でも良いです。

そう本人も納得して決めてしまうと、驚くほどの集中力でやり遂げてしまうのが子供達。

全てとなると大変な場合は、ここまで終われば・・・この宿題が終われば・・・と親がスケジュールを組んであげるのも良いと思います。

いずれにしても、嫌なことから片付けてその後に楽しみがあるという事を教えてあげ、けじめをもった生活を送るようにするのです。

そうすれば、おのずと宿題も夏休み前半で楽に片付くはずです。

このご褒美(楽しいことは後回し)作戦は、割と多くのお子さんに響くものです。

宿題に限らず、夏休みの生活自体ダラダラしがちですので、子供としっかり話し合うことで、約束ごとや計画が決められると思います。

そうして親子で納得できる方法で夏休みの宿題を進めていくことができれば、楽しい夏休みを送ることができるはずです。

 

親子で決める、それが一番!

夏休みの宿題は、ためてしまうからこそ最後に苦しくなってしまうものです。

親子で「どういう方法で片付けていくか?」を話し合い、お互いが納得し、約束して進めていけば、苦しい思いをせずに済むはず。

親の役割は、子供を導いていくことです。

親が「こうしなさい」と言ったり決めてしまうのではなく、一緒に話をして子供自身に考えさせたり、決めさせる事が大切ですね。

こちらの記事もお読みください▼

小学校夏休みの宿題がギリギリにならないために!計画的に終わらせる3つのコツ

応援して下さる方は、下の2箇所のクリックを、お願いします!

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

Recommend Posts・Ad

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
くまのすけ

くまのすけ

関西在住、4人の男子の母くまのすけです。何事も自分でできる事は自分で頑張る! が親子共々の方針で、家庭学習に力を入れるべく日々奮闘してます。 1つが正しい!ではなく、子供それぞれの正しいを一緒に見つけていく事が目標です。 子育ても同様、個々に合ったやり方で個々を伸ばしていけたらなと思っています。

-小学生の家庭学習

Copyright© フクロウ先生の小学生向け通信教育ラボ , 2019 All Rights Reserved.