家族の防災

災害のための備蓄水の必要量は?ストック目安と保管方法

更新日:

災害時には、水道が止まってしまうことが予測されます。そのため備蓄水は日頃からストックしておきたいものです。 しかし、「どのくらいの量が必要なの?」・「どうやって管理したらいいの?」という疑問も出てくるものです。 ここでは、災害のための備蓄水の必要量と管理方法についてまとめていきたいと思います。

災害時には、水道が止まってしまうことが予測されます。そのため備蓄水は日頃からストックしておきたいものです。

しかし、「どのくらいの量が必要なの?」・「どうやって管理したらいいの?」という疑問も出てくるものです。

ここでは、災害のための備蓄水の必要量と管理方法についてまとめていきたいと思います。



災害のための備蓄水が必要な理由

災害のために備蓄水が必要だと聞いていても、「一体どのくらいの備蓄水があればいいの」というようにイメージがもてない時もありますよね。

そのような時は、『何に水が必要になるのかを考えておくことが、ストック量の目安に繋がりやすいかと思われます。

では、1日の生活で水が必要な場面は、どのくらいあるのでしょうか?

  • 飲み水
  • 食事
  • 洗濯物
  • トイレ
  • お風呂
  • 洗い物
  • 歯磨き
  • 植物
  • ペットの飲み水
  • 手洗いうがい

 

状況にもよりますが、だいたい考えた中でも、以上のように水が必要な場面が出てくるかと思います。このような場面に対応できる量があれば安心できますが、なかなか完璧には備えられないものです。

しかし、たくさんの備蓄水があると助かることはイメージできるようになります。漠然と想像しているよりも備蓄水は必要なのです。

 

災害のための備蓄水のストック目安は?

備蓄水のストックの目安としては、1日1人あたり3リットで考えておきたいところです。

3リットルには飲み水だけではなく、食べ物からとれる水分も含まれます。

人間は、水分摂取量が少なくなると脱水症状を起こしてしまいます。

災害がいつやってくるかは分からないところもありますが、季節によっては猛暑の時期になるかもしれません。

仮に冬場であっても命をつないでいくためには、やはり『1人3リットル』を目安にストックしておくと安心できるでしょう。

ここで心配なのが、断水期間がどのくらい続くのかという問題です。

南海トラフ地震』について日本水道協会は、断水期間についてまとめています。

上水道の復旧期間(95%復旧)は、以下のように記載してありました。

  • 東海: 6~7週間
  • 近畿: 2~4週間
  • 山陽: 1~4週間
  • 四国: 6~8週間
  • 九州: 5~6週間

 

上水道の復旧期間は、最低でも1ヶ月は見ておいた方よいことが浮かび上がってきました。

トイレなどの生活水は、必ずしも綺麗な水である必要もありません。

お風呂の水を満タンに溜めておけば、約200リットルほど、生活水が助かります。

少しずつでいいので、できるだけ水を溜めておくように行動に移していきましょう。

 

参考

〇日本水道協会「第 1章 想定される地震および被害状況の整理」
http://www.jwwa.or.jp/houkokusyo/pdf/ouentaisei/ouentaisei_03.pdf

 

備蓄水はどうやって保管したらいいの?

備蓄水のストックはもちろん大切ですが、「備蓄水をどうやって保管したらいいの」という疑問があるかと思います。

例えば、大人2人暮らしでも1日6リットルの水が必要になります。1週間分の場合、42リットルなので21本もの水が家に置いてある状態になります。

そこで、少しでも効率よく、場所を取らず、賞味期限も切れないようにする方法を調べてみました。

備蓄水の保存方法には、「段ボールごとペットボトルを買いそのまま保存する方法」や「押し入れにまとめて置く」などの対策があるようです。

しかし、いざ買いだめをしても、災害はいつ来るのかが分からないもの。

そのような時は、ローリングストック法がオススメです。

ローリングストック法とは、ストックしてある水を順番に使い、減った分を新たに買って常に新鮮な水を置いておく方法のことです。

私たちがよく買うミネラルウォーターは賞味期限が2年のことが多いです。

よって、同じ日に一気に賞味期限が来ないようにバラバラに買って、期限が迫ったものから使っていくという方法が良いでしょう。

我が家はアルカリイオン水を常備しています↓

created by Rinker
アルカリイオンの水
¥100 (2019/10/10 12:17:54時点 Amazon調べ-詳細)

 

漠然と思っているよりも、実際に使う必要な水は多いことがほとんどです。水は復旧までに時間がかかりますが、出来るだけ集められる分を回していけるようにしましょう。

Recommend Posts・Ad

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
フクちゃん

フクちゃん

関西圏在住、3人の子供がいます。 小学生の家庭学習や子供の教育について研究&解説しています。 子育て方針としては、学校の偏差値や点数よりは、将来食べていけるかどうかという長い視点で総合的に判断することが多いです。

-家族の防災

Copyright© フクちゃんの小学生向け家庭学習ラボ , 2019 All Rights Reserved.