通信教育

タブレット学習を小学生が利用する効果とメリット・デメリットは?紙の通信教育と比較!

更新日:

これまでは、特にチャレンジゼミやZ会などが大手である紙教材での通信教育が主流でした。

でも最近は、紙教材での通信教育で不満だったことがタブレットでは解決できるという点が大きな注目を浴びています。

国としても、2020年までに小中学校の生徒1人に1台タブレットを持たせるという目標を掲げています。

こうして教育現場でタブレット教材の導入が進んでいる昨今、今では多くのお母さんお父さんが、子供の通信教育を比較する際に、紙の教材に加えてタブレット教材も検討するようになりました。

あなたは子供のオンライン・タブレット学習について、どんな意見をお持ちですか?

この記事では、タブレット学習を小学生が利用する効果とメリット・デメリットは?紙の通信教育と比較!についてご紹介します。



[toc]

紙による学習教材のメリットデメリット

まずは、以前からある紙の教材について、メリットとデメリットを挙げてみます。

紙による学習教材のメリット

  • 学校での授業やテストと同じ、紙と鉛筆で学ぶスタイルがいいという考えに合う
  • 間違えた箇所などが紙に記録として残る
  • 一冊終わった!という達成感がある

紙による学習教材のデメリット

  • 子供が自発的にやらないケースが多数
  • 付録など余計な郵送物が多い
  • 親の手間がかかることも(丸つけ・アドバイスなど)
  • 苦手なところができるようになったか?などの成果が見えない
  • 一度解いた問題はもうできない(消しゴムで消すしか…)

感想:子供の取り組み方と親の負担がポイントに

通信教育に申し込んで、初めは楽しく取り組めていたものの、だんだん手付かずの教材が増えていく…

付録も、一度使ったらおしまいで押し入れに山のように貯まる…

といった経験は、紙の通信教育あるあるですよね。

お母さんが監視していないと子供が手をつけない・進めないというところも、ストレスになったりして^^;

では、タブレット学習教材のメリットデメリットを見てみましょう。

タブレット学習教材のメリットデメリット

昨今の社会で急激に普及しているタブレット教材について、メリットデメリットを挙げてみます。

タブレット学習教材のメリット

  • タブレット自体に子供が興味を持ってくれて学習を始めやすい
  • その場で自動で丸付けをするので正誤がすぐに確認できる
  • 苦手問題など子供に合わせた学習を自動で提案してくれる教材もある
  • 学習の進捗をお母さんお父さんも把握しやすい(スマホアプリと連携など)
  • 音声・動画・図による解説が紙に比べてイメージしやすく、非常にわかりやすい(特に算数問題や理科の実験問題など)
  • 回答と解説を問題を解いた直後に見ることができる
  • 何度でも繰り返し問題を解くことができる
  • 間違えた問題だけを、解き直し項目として自動でピックアップしてくれる
  • タブレット1台ですべての教科を学習できて場所を選ばない(旅行にも持っていける)
  • 英語に関してはネイティブ発音の音声を聞きながら単語や文章を学習できる
  • 自主的に取り組む工夫がされているので、子供が進んで勉強をしてくれる
  • 余計な郵送物や付録がないので散らからずスマート
  • 消しゴムのカスが出ない・机が汚れない
  • 旅行や帰省の時も、外出先でタブレット一台で学習できる

タブレット学習教材のデメリット

  • 目に悪いのでは?という不安
  • 学校での勉強と同じように、紙に鉛筆で書くべきという考えには反する
  • テレビやゲームにあまり触れさせたくないお母さんお父さんには、タブレット自体に抵抗感がある場合も
  • ゲームや遊びのコンテンツに興味を持ってしまう(時間制限ありにできる)
  • 教材によってはボリュームが少ないという声も(ワンランク上のコースに申し込みという方法もある)
  • タブレット学習教材だと選択問題がよく出てくるため、適当にタッチで問題を進めてしまうこともできる(ただし記録に残るため後から判明^^;)
  • 基礎教科問題については、何度も解いているうちに答えを暗記してしまうことも(この問題はAだな、など)
  • ソファやベッドでもできてしまう(これは親が躾をする必要がある)
  • もしタブレットが故障したら金銭的なダメージが;(教材会社によっては保証サポートもあり)
  • 教材会社によっては、学年を遡って勉強しなおすことができない

タブレット学習は子供の学習意欲向上と学習習慣化の効果が高い!

子供が一人でも進めることができるので自分の学習ペースを維持できる

タブレット学習教材の強みは、なんといっても自動採点してくれる点ですね。

共働きであったり、下の子が小さいお母さんは、宿題を見てあげるだけでも大変だったりします。

私も下に2人小さい子がいるので、ワーワー喧騒の中、呼ばれたら見てあげるっていうくらいしかできません…^^;

もし紙の教材だったら、丸つけをするまで「ちょっと待ってて〜」という状態になることも多いと思います。

この点タブレット学習なら、子供が一人で問題を解き、答えあわせをして、さらに解き方も確認できます

画面が動いて教えてくれるので、直感的に操作ができるし、飽きずにどんどん進めることができます。

また、タブレット教材なら、タブレットの中に全部の教科が入っていて、いつでも・どこからでも始めることができます

  • どのテキストだっけ?
  • 答えはどの部分に書いてあったっけ?
  • 次はどの単元をやればいいのかな?

こういった、学習している際に生じてしまう無駄を、しなくて済むのです。

特に低学年のうちは、タブレットに学習が一点集約しているという点は、子供にとってわかりやすく、机に置いてスイッチオンで始められる!

この点は勉強を始める際のモチベーションにかなり影響します。

学習習慣が簡単に定着する

私が特に注視しているのは、

  • 親があれこれお膳立てしなくても子供が自ら毎日学習に取り組むようになるか?

つまり、学習習慣がつくか、という点です。

タブレット学習なら、自分で勉強するという学習習慣が身に付く仕組みがたくさんあります。

 

他にも、学習の量や成果によってゲームができたり、賞品と交換できたりなどのご褒美機能も付いているので、子供が勝手にモチベーション高く取り組んでくれるのもgoodです。

長女はスマイルゼミですが、学習の量でもらえるスターを集めて、アバター用の洋服をゲットして着せ替えを楽しんでいますよ。

こちらも合わせて読んでくださいね!↓

ただ、やはりタブレットの画面を見るという点が気になる方は多いですよね。

ただでさえテレビを見る時間を制限しているのに、学習まで画面を見ることになるなんて…と。

うちの長女の場合は、スマイルゼミでタブレットを起動できる時間を制限しています。

国語3つ・算数3つ・英語1つを毎日のお勉強としてルールに決めているので、全部で20分くらいの内容です。

そのあとアバターをいじったりしていますが、全部でタブレットに触っている時間は30分くらいです。

やはりここは、各家庭でルールを決めて取り組むことが大事になるのかな、と思います。

また、タブレットにはブルーライトカット保護シートを利用するのも手でですよ。

タブレット学習教材と紙学習教材の比較表

タブレット学習教材 紙学習教材
丸つけ・採点 ×
子供自身で解き方確認 ×
親の確認負担 ×
親の進捗確認
料金
運筆のしやすさ
目への影響
学習習慣の定着のしやすさ △〜◯
自分のペースで進める △〜◯
学習効率

タブレット学習の場合も、紙の学習の場合も、各家庭のルールや取り組み方を考えるのが大きな検討ポイントになると思います。

子供が取り組む姿勢と親がどこまで干渉できるか、をシミュレーションして、どのように子供の学習習慣を定着させるか、が話し合いの重要な点になるんじゃないでしょうか。

まとめ

紙による学習教材は、実際に鉛筆と消しゴムで進めていくというやり方がやはり安心感がありますよね。

学習をする上で、タブレット・オンライン学習教材に抵抗があるという方も多いと思います。

ただ、一つのタブレットでいくつもの教科を学習でき、自動で採点・解き方を表示してくれ、さらには苦手項目は繰り返し解くことができる。

そして子供が自ら進んで楽しく学習できるという点は、紙に比べると圧倒的なメリットがあると私は考えています。

国を挙げてタブレット学習の普及を目指すという背景からも、これからの時代はこうした学習方法が主流になるでしょう。

これまでの通信教育の常識を覆す、タブレット学習教材。

一度、評判の良いタブレット学習教材を体験してみるのもいいと思いますよ。

大手企業で、口コミ評判も良いタブレット学習教材一覧をこちらにまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

応援して下さる方は、下の2箇所のクリックを、お願いします!

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

Recommend Posts・Ad

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
フクロウ先生

フクロウ先生

フクロウ先生です。関西圏在住、3人の子供がいます。 教育、特に家でできる家庭内学習に高い興味があって、小学生向けの通信教育と家庭学習について研究&解説しています。 子育て方針としては、学校の偏差値や点数よりは、将来食べていけるかどうかという長い視点で総合的に判断することが多いです。

-通信教育

Copyright© フクロウ先生の小学生向け通信教育ラボ , 2019 All Rights Reserved.