小学生の通信教育・家庭学習を解説するサイト

フクロウ先生の小学生向け通信教育ラボ

小学生の家庭学習

一年生で勉強がついていけない?小学生の国語と算数のつまづきポイント

更新日:

小学校に入学すると、さっそく学習が始まります。

一年生のうちは国語と算数、生活、図工、音楽、道徳といった教科があり、日々の学習は国語と算数が中心となります。

初めのうちはとても簡単な内容で、子供たちみんな勉強が大好きですが、時間がたつにつれて苦手意識が出てきて、進んで勉強に手を付けなくなってきます。

入学したときはあんなに張り切っていたのに、どこで苦手になってしまったんだろうと悩みます。

我が家の下の娘は今小学校二年生で、すでに算数に苦手意識があります。

そこで、小学校一年生で苦手意識が出やすい、国語と算数のポイントについて、我が家の経験も交えながら考えていきたいと思います。

 

一年生で勉強がついていけない?国語のポイント

漢字練習

一年生の国語でのつまづきポイントは、ズバリ!漢字です。

一年生で習う漢字の数は80字でさほど多くはありませんが、ひらがなより画数が多いこと、「とめ」「はね」「はらい」「書き順」を意識しなければなりません。

ひらがな、カタカナ、漢字の練習はとても地味な作業なので、子供たちがあまりやりたがらないこともあります。

  • まずは1日3文字程度をノートに練習する
  • 文字の成り立ちを一緒になって調べてみる
  • きれいにかけた字を選んで花丸をつけてあげる

など、勉強の中に変化を持たせるのも一つの方法です。

我が家の下の娘には、上手にかけた文字を自分で選ばせて、それに花丸をつけるという勉強の仕方をしていたことがあり、自分で上手にかけるように工夫している姿が見られました。

上手に書けると、「じょうずにかけたよー!」と見せにきてくれていたので、そんなときは沢山褒めてあげました。

国語は全ての学習の基礎となる教科で、ここでつまづくと、他の教科にも影響しかねません。

ひらがなや漢字をただ読んだり書いたりするだけでなく、読解力をつけるために、音読をして文章理解を深めるなどの日々の積み重ねを大切にしていってほしい教科でもあります。

国語は日本語なので、大人になればそのうち身につくかもしれませんが、これから勉強を進めていく上で、国語読解力はとても大切な力になりますので、一年生のうちからコツコツ積み重ねておくことをおすすめしたいです。

さらに二年生に進級すると、習う漢字は倍の160字となりますので、スムーズに二年生の学習に入るためにも、一年生の漢字はしっかり身につけておきたいですね。

 

一年生で勉強がついていけない?算数のポイント

算数プリント

算数のつまづきポイントは、やはり

  • 繰り上がりのある足し算
  • 繰り下がりのある引き算

です。

算数の繰り上がり・繰り下がりを乗り越えるには、数を10のまとまりで考えることを身につけてしまうと良いです。

具体的には、「いくつ」と「いくつ」で10になるかを徹底的に学んで身につけてしまうやり方で、おはじきやマグネットなどを10個用意して、いくつかを手で隠し、「あといくつで10になるか?」を繰り返しやります。

おはじきやマグネットなら100円均一でも売っていますし、ペットボトルのふたでもかまいませんし、親子で問題を出し合いっこするとかなり盛り上がりますから、この方法はおすすめです。

楽しく10のまとまり、数の概念が学べます。

一年生の学習では、数の概念を身につけることに重点が置かれていて、まずは10までの数の読み書きをはじめに習い、「いくつ」と「いくつ」で10になるか、数の合成と分解を学び、夏休み前に簡単な足し算引き算、そして二学期から繰り上がり繰り下がりのある計算を学びます。

親の私たちからすると、とても簡単な学習内容なので、つまづくと「なんでこんなことできないの?」と思いがちですが、子供たちから見れば、新しい方法で数を考えなければいけないのでかなり難しいことです。

実は、私はこの時点で、「なんでこんな簡単なことができないの!」と子供を責め、上の高校生の娘に諭され、反省しましたが、下の娘の苦手意識に拍車をかけてしまいました。

本当に申し訳ないことをしたと反省していて、どうにか算数が楽しくなれる方法はないか考えて実践している最中です。

 

一年生の勉強は十分追いつける!

一年生の勉強がついていけなくなる、つまづきポイントについて考えてきましたが、一年生ですのでまだまだ克服することはできます。

我が家の上の娘は高校生で、今は数学が大好きで他の勉強がおろそかになるぐらいなのですが、小学校3年生までは、算数が一番苦手で、勉強でもテストでもとても苦労していたのです。

この娘に数学が好きになるきっかけを聞いてみたのですが、本人は覚えていませんでした。

やっていたことは、

  • 苦手だった算数のドリルを毎日欠かさず少しずつ解いていたこと
  • 物事を理解するのに少し時間のかかる娘のペースにあわせて慌てずに取り組ませていたこと

ぐらいでした。

なので、低学年のうちの苦手は克服できると信じていて、すぐは結果は出ないかもしれませんが、毎日の頑張りが必ず報われるはずです。

むしろ、早めにつまづきに気が付いてラッキーです!

すこしずつ手を講じて、苦手意識を取り去って、楽しく学習に取り組めるようになりたいですね。

小学校一年生の学校生活と成長したところ振り返りまとめ

 

応援して下さる方は、下の2箇所のクリックを、お願いします!

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

Recommend Posts・Ad

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ユラ

ユラ

関東在住、8歳違いの姉妹を育てています。家でできる学習に興味があり、特に基礎学力をつけることを意識しています。家だからこそできることを探しながら、「勉強って楽しいんだよ」を伝えられるように子供たちと一緒に日々勉強中です。

-小学生の家庭学習

Copyright© フクロウ先生の小学生向け通信教育ラボ , 2019 All Rights Reserved.