小学生の通信教育おすすめランキング
価格重視の小学生向け通信教育
評判の良いオンライン&タブレット通信教育

「小学生の家庭学習、どうしたらいいの?」
「小学生向けの通信教育、どの教材がいいの?」と思っていませんか?

フクちゃん
こんにちは、フクちゃんです。
このサイトでは、小学生の通信教育・家庭学習を比較解説しています。

 

小学生向け通信教育の選び方のポイント

小学生向けの通信教育・教材は世の中にたくさんありますが、その中からどのサービスを利用するか?選ぶのは大変です。

ここでは、子供に合った通信教育・教材を選ぶ時に気をつけるべきポイントをまとめました。

子供の学年は?

小学1〜6年生の子供

まず、子供の学年によっておすすめの通信教育が変わる場合があります。

1・2年生なら低学年向け、3・4年生なら中学年向け、5・6年生なら高学年向けに、学習内容も量も大きく変わってきます

通信教育も、サービスによって内容や質が大きく違います。

低学年で基本的な問題を反復学習したい」や、「高学年で質の高い応用問題を解かせたい」など、目的や用途を考えてみましょう。

学習する媒体はどんなものか

学習する媒体

通信教育・教材には、本と同じようなテキストのタイプや、体験型の付録が付いているタイプタブレットやパソコンでオンライン配信されるタイプなど様々なものがあります。

オンラインなら、大きく分けて講座配信型動画講座型があります。

講座配信型は問題を解いたりアニメーションで解説を見ることができます。動画講座型は名前の通り講義動画を見て学ぶものです。

テキストが紙のタイプの場合は、学校の授業と同じように鉛筆で書き込みながら学ぶというメリットがある反面、モノとして溜まっていくことや、散らかりやすいというデメリットもあります。

どのような形で活用したいのか、どのように学習したいのかによって、選ぶ通信教育・教材は変わってくるのです。

難易度の高さはどれくらいを求めるか

難易度の高さ

通信教育・教材には、難易度の高いもの・低いものがあります。

一般的に難易度が高く応用までできる内容の場合は価格が高く、何度が低く基本問題の反復がメインの場合は価格が安い傾向があります。

お子さんに合う・合わないをよく考えて選ばないと、難易度が高すぎて全く手につかないにも関わらず高額な料金を支払うことになったり、もうちょっと難しい問題もチャレンジしたけど基本的なことばかり・・・ということになりがちです。

内容をきちんと見極めてから選ばないと、申し込みをしてから後悔することになります。

当サイトでは通信教育別の難易度の比較をおこなっているページもありますので、ぜひ参考にしてみてください。

デザインや雰囲気も各サービスでかなり違う

デザインや雰囲気

可愛いキャラクターがテキストに散りばめられていて賑やかな雰囲気のものや、シンプルでスタイリッシュな雰囲気のものなど・・・10個の通信教育・教材があれば、その印象も10通りあります。

子供の学習に対するテンションを見極めて一番しっくりくる教材を与えることで、勉強に対するモチベーションも変わってきます。

せっかく毎月のサービスを利用するなら、子供に合ったものを取り組ませてあげたいですよね。

添削や付録などのオプションも無視できない

添削や付録などのオプション

通信教育の中には、月に1度の添削サービスがあったり、お楽しみ付録が付いていたり、実験キットが付いていたりと、基本となるテキストや講座のほかにオプションがつくものもあります。

それらが不要の場合、「付録が溜まってしまった」や「使わない教材も含まれていてもったいない気がする」など、プチストレスになることも。

いくら評判が良くても、通信教育に含まれるサービスの内容が子供に合っていないと、最大限活用できるとは限りません。

通信教育・教材には、思った以上にサービス会社によって学習内容に大きな差があります。

 

小学生向け通信教材ランキング

選び方のポイントをもとに、たくさんある通信教育サービスの中からおすすめを選んでみました!

スマイルゼミ-ジャストシステム

総合評価

子供が楽しみながら学習できる工夫が満載のオンライン・タブレット学習教材「スマイルゼミ」。

もともとソフトウェアというジャンルで実績のある会社で、全国の公立小学校の約8割で活用されている小学生向け学習・授業支援ソフト「ジャストスマイル」・学年に応じて習った漢字のみを変換してくれる「ATOK」を開発する等、実は10年以上前から教育現場で活躍する老舗教材会社です。

「タブレットで本当に子どもが理解できる学習法は何がベストか?」それを突き詰めて開発されたのが、このスマイルゼミ。

子供の学習状況によって学習項目をピックアップしてくれる機能も付いています。

勉強が終わるとゲームなどができるご褒美機能が付いていますが、保護者側で10分単位で時間制限ができるので、安心してタブレットごと渡せるのが魅力的です。

  • 2013年日経優秀製品・サービス賞 最優秀賞を受賞!
  • 第10回日本e-Learning大賞 初等教育クラウド部門賞を受賞!
  • イード・アワード子ども英語教材(小学生総合)顧客満足度第1位!
  • 2017年イード・アワード子どもタブレット教材 顧客満足度第1位!
入会金なし
月額2,980円〜
その他にかかる料金専用タブレット代 9,980円
対象学年1年生〜6年生
科目国語・算数・理科・社会・英語・プログラミング
難易度標準クラス:教科書準拠
発展クラス:応用(追加料金でグレードアップできます)
基本講座以外のサービス実力診断テスト
漢検・英検キャンペーンあり
有料オプション英語プレミアム(HOPコース・STEPコース・英検コース)
フクちゃん
利用者からの評判がとても良く、自動採点機能と丁寧な解説があり、子供だけでどんどん勉強を進めることができるように工夫されています。

スマイルゼミの口コミはこちら

記事を読む

資料請求はこちらから

公式ページを見る

 

チャレンジ-進研ゼミ

総合評価

「赤ペン先生で」人気の進研ゼミによる、チャレンジ小学生。

紙の通信教材である「チャレンジ」、タブレット学習の「チャレンジタッチ」、タブレット授業+紙のテキストで定着を行う「ハイブリッドスタイル」の3種類があります。

小学生タブレットでは学習利用者数No,1

  • チャレンジタッチ専用タブレットは実質無料
  • 会員の91.7%が授業がわかると回答
  • 演習・応用問題も追加料金なしでチャレンジできる
  • 公立中高一貫校の合格者多数(平成29年度合格者数1,346名)
入会金なし
月額2,980円〜
その他にかかる料金9,900円の専用タブレットを購入しますが、6ヶ月継続条件により実質0円(無料)
対象学年1年生〜6年生
科目国語・算数・理科・社会・英語・プログラミング
難易度標準コース:教科書準拠
挑戦コース:演習・応用問題
基本講座以外のサービス赤ペン先生の添削問題・国算
読み物・体験教材の付録あり
電子図書館まなびライブラリー
実力診断テスト
努力賞プレゼント
保護者通信
有料オプション英語オンラインスピーキング
考える力・プラス講座
中学受験講座
作文・表現力講座
かがく組
漢字・計算の基礎定着や応用力を伸ばす特別ドリル
フクちゃん
サービス利用者からの評判も高く、会員の9割以上が「チャレンジタッチ」で勉強が楽しくなったと回答しています。

チャレンジ進研ゼミの口コミはこちら

記事を読む

資料請求はこちらから

公式ページを見る

 

Z会

総合評価

教材の質・難関校受験に定評のあるZ会。

Z会全体では、幼児から大学・社会人まで幅広く学習サービスを展開しています。

"「考える力」をはぐくみ、基礎の把握から発展的な内容まで段階的に学習できる"Z会ならではのノウハウが詰まった教材です。

充実したサポートサービスがあるので、安心して学習を進められます。

Z会の通信教育として、2017年は東京大学1,100人・京都大学924人・早稲田大学2,797人・慶應義塾大学1,873人という合格実績があります。

  • イードアワード2019 通信教育 小学生の部 顧客満足度 最優秀賞 受賞!
  • 東大、京大をはじめとする難関大学合格に圧倒的な実績!
  • 中学受験コースも用意されています
  • 2020年から小学校1年生からのタブレットコースも開講
入会金なし
月額3,927円〜
その他にかかる料金なし
対象学年1年生〜6年生
科目国語・算数・理科・社会・英語・プログラミング
難易度スタンダード:教科書準拠
ハイレベル:応用・発展問題
中学受験コース
基本講座以外のサービス添削問題
経験学習用教材
体験の中で感じたことを絵や言葉で表現する提出課題
有料オプションみらい思考力ワーク
英語
作文講座
公立中高一貫校適性検査 講座
公立中高一貫校作文 講座
フクちゃん
良問ばかり」とコンテンツの質は多くの親御さんのお墨付き!

Z会の口コミはこちら

記事を読む

資料請求はこちらから

公式ページを見る

 

スタディサプリ

総合評価

スタディサプリ

小学校4年生以上を対象としたオンライン動画講座学習サービスです。

「スタディサプリ小学講座・中学講座」は、リクルートが提供しています。

そのボリュームは圧倒的で、小学・中学・高校、大学受験まで、5教科・18科目・1万本を超える講義動画がPC、スマホで見放題

今なら14日間無料で今すぐ授業を視聴することが可能、期間内に利用停止手続きをすれば料金は一切不要です。

  • 圧倒的低価格、月額1,980円(税抜)で塾や通信教育に負けない質の高い講座を受講できる
  • プロ講師のわかりやすい講義動画
  • 5教科18科目1万本以上の講義動画はいつでもどこでも見放題
  • ドリルの正答率で、ニガテなポイントを見える化
入会金なし
月額1,980円
その他にかかる料金なし
対象学年4年生〜
科目国語・算数・理科・社会(中学生講座に切り替えれば英語も)
難易度教科書準拠〜演習・応用
中学受験対策にも
基本講座以外のサービステキストのダウンロード
有料オプションなし
フクちゃん
テキスト代も無料なので、本当に1,980円だけで学習に取り組むことができます。

スタディサプリの口コミはこちら

記事を読む

14日間無料体験はこちらから

公式ページを見る

 

小学ポピー

総合評価

小学ポピー

紙ベースの教材低価格が特徴の、通信教育の小学ポピー。

ポピーは的確に学校の授業のポイントを押さえた内容の通信教材で、学校のテストでも内容がそのまま出て簡単に問題を解くことができる、と定評のある教材。

全国の小・中学生を対象に、ワークやドリル、問題集など学習教材を発行し、学校へ提供している新学社が発行している家庭用教材です。

他の通信教材と比べて、コストパフォーマンスが良いと言えるでしょう。

  • 低価格なのに内容・ボリュームも充実!
  • 学校で習った内容をしっかりと復習して力にするなら最適な教材、テストに強い
  • 基礎を固める、授業内容の定着と家庭学習の習慣化ができる
  • 紙教材のみで付録がなくシンプルなので学習に集中できる。
入会金なし
月額2,500円〜
その他にかかる料金なし
対象学年1年生〜
科目国語・算数・理科・社会・英語
難易度教科書準拠
基本講座以外のサービスなし
有料オプションポピー kids English
フクちゃん
学校教材作りのノウハウも活かされた小学ポピーは、創刊以来45年以上!貫禄のある老舗会社の通信教材です。

小学ポピーの口コミはこちら

記事を読む

14日間無料体験はこちらから

公式ページを見る

 

RISU算数タブレット

総合評価

RISU(リス)算数タブレットはその名の通り、算数に特化したタブレット通信教育です。

小学生は《国語・算数・理科・社会・英語》の5教科がメインの学びですが、そのうち算数と英語については、タブレット学習と最も相性の良い教科であると言われています。

RISU(リス)算数は、タブレットの最大の強みである学習結果のデータ化を駆使したAI機能で、子どもの理解度・進捗に応じた問題を自動で出題してくれます。

年齢や学年の枠に入らず、子供のレベルに応じて学習を進める無学年制で、RISU算数に取り組んでいる約75%もの受講生が、自分の実際の学年より上のステージに挑戦しているそうですよ。

RISU算数の口コミはこちら

記事を読む

一週間お試しはクーポンコード「emi07a」をご記入ください。

公式ページを見る

 

通信教育・教材の口コミと体験談

当サイトで掲載している通信教育サービスの一覧です。
フクちゃんが実際に利用してみた体験談や、寄稿していただいた体験談、インターネットやSNSでの口コミ・評判を会社ごとにまとめています。

 

通信教育と市販のドリルなどの違いは?

小学生になったタイミングや、高学年になった・学力が心配になってきたタイミングで検討されることの多い通信教育・教材。

月額課金で申し込む通信教育と、本屋などで売ってる市販のドリルや問題集の、メリットとデメリットを表にまとめました。

メリットデメリット
通信教育1月に必要な学習内容がコンパクトにまとまっている
添削・付録・ご褒美など子供のやる気を出させる工夫も豊富
親が内容を選んだり考える必要がない
紙の教材の場合、学習量は届いた分のみ
紙の教材の場合は教材が残る・たまる
タブレットやオンラインの場合はPCなどを用意する必要がある
市販のドリルや問題集安上がり
必要なものだけを買ったり後から追加したりすることができる
親が子供の学習に合わせて選び、用意する必要がある
子供のやる気を出させる工夫も必要
学習内容に偏りが出る可能性も

通信教育と市販のドリルや問題集は、どちらも子供の学力アップや家庭学習定着のためのツールですが、最大の違いは「用意されたコンテンツに取り掛かれば良い」という効率性と、「やる気を出させる内容・質の高さ」です。

通信教育の方が親の知識に関係なく質の高い学習内容を子供にさせることができますが、市販のドリルも子供の学習内容に合わせて選ぶことで必要な分だけ家庭学習に取り組むことができますね。

また、通信教育は大体の場合が月額課金・毎月郵送若しくは配信されるものなので、1ヶ月ごとの学習成果などを良い意味で気にするようにもなります。

その月に必要な学習内容をお任せできるのも魅力です。

 

オンライン・タブレット学習教材メリットとデメリット

皆さんは、オンライン学習・タブレット学習についてどう思われますか?

カンガルーママ
「効率のいい学習方法だから、すぐに子供にやらせよう」って初めに思ったものの、やはりオンライン・タブレットで学習する点について抵抗感がなかったわけではありません。
自分の子供の頃にはないサービスですから、「目に悪いかな〜」とか、いろいろ考えますよね。^^;
そんな不安を持つ方も少なくないと思いますので、オンライン・タブレット学習について紙の通信学習教材と比較したメリットデメリットをまとめてみました。
フクちゃん

オンライン・タブレット学習教材のメリット

  • タブレット自体に子供が興味を持ってくれて学習を始めやすい
  • その場で自動で丸付けをするので正誤がすぐに確認できる
  • 苦手問題など子供に合わせた学習を自動で提案してくれる教材もある
  • 学習の進捗をお母さんお父さんも把握しやすい(スマホアプリと連携など)
  • 音声・動画・図による解説が紙に比べてイメージしやすく、非常にわかりやすい(特に算数問題や理科の実験問題など)
  • 回答と解説を問題を解いた直後に見ることができる
  • 何度でも繰り返し問題を解くことができる
  • 間違えた問題だけを、解き直し項目として自動でピックアップしてくれる
  • タブレット1台ですべての教科を学習できて場所を選ばない(旅行にも持っていける)
  • 英語に関してはネイティブ発音の音声を聞きながら単語や文章を学習できる
  • 自主的に取り組む工夫がされているので、子供が進んで勉強をしてくれる
  • 余計な郵送物や付録がないので散らからずスマート
  • 消しゴムのカスが出ない・机が汚れない
  • 旅行や帰省の時も、外出先でタブレット一台で学習できる

オンライン・タブレット学習教材のデメリット

  • 目に悪いのでは?という不安
  • 学校での勉強と同じように、紙に鉛筆で書くべきという考えには反する
  • テレビやゲームにあまり触れさせたくないお母さんお父さんには、タブレット自体に抵抗感がある場合も
  • ゲームや遊びのコンテンツに興味を持ってしまう(時間制限ありにできる)
  • 教材によってはボリュームが少ないという声も(ワンランク上のコースに申し込みという方法もある)
  • タブレット学習教材だと選択問題がよく出てくるため、適当にタッチで問題を進めてしまうこともできる(ただし記録に残るため後から判明^^;)
  • 基礎教科問題については、何度も解いているうちに答えを暗記してしまうことも(この問題はAだな、など)
  • ソファやベッドでもできてしまう(これは親が躾をする必要がある)
  • もしタブレットが故障したら金銭的なダメージが;(教材会社によっては保証サポートもあり)
  • 教材会社によっては、学年を遡って勉強しなおすことができない

メリットデメリットまとめ

いろいろと書きましたが、項目としてはメリットの方が多いです。

ただ、不安もありますよね。

かなり要約してまとめると、

  • 子供がタブレットに慣れてしまう不安
  • 実際に学習として身についているのか不安
  • タブレットの目の影響への不安

が挙がるのかな、と思いました。

 

タブレット学習・紙の通信学習・通学系学習の比較

タブレット学習・紙の通信学習・塾など通学系との比較表を作ってみました^^

タブレット紙教材
丸つけ・採点×
子供自身で解き方確認×
親の確認負担×
親の進捗確認
料金×
学習の効率・時短
目への影響
送迎などの手間×

特に中学受験をするなどのケースでない場合は、タブレットを使った学習が一番効率が良いと言えると思います。

 

失敗しないオンラインタブレット学習教材選びのポイント

FirmBee / Pixabay

専用タブレットか?ソフトウェア(アプリ)か?

専用タブレットは有料ですので、もし実質無料をうたっている教材会社でも、万が一故障すればお金はかかるものです。

一方、専用タブレットは無くアプリやウェブ上で学習するタイプなら、こうした金銭面の不安は無くなりますよね。

でもその反面、お家のタブレットやパソコンを使うとなると、ユーチューブやインターネットブラウザがあるので、親の目を盗んで触ってしまうこともあるかもしれません。

特に小学校3年生くらいからは自分で勝手に操作することができてしまいますからね^^;

そういう意味では、専用タブレットは完全子供仕様なので安心です。

つまるところ、子供の自制心が育ってないうちは専用タブレットの方がいいと言えそうです。

中学受験など、しっかりと目標があって、そのための勉強を子供ができるのであれば、タブレット云々は関係ない話ですよね。

難易度の合うものを選ぶ

タブレット学習教材や、アプリ・ウェブ学習教材では、ボリュームが少ないという声もよくあります。

例えば、スマイルゼミの場合は月初に科目の基本学習項目がすべて新しくなります。

新問題になると子供は新鮮な気持ちでどんどん問題にチャレンジしていますが、学習を進めていると月末には勉強する項目がない・問題を覚えてしまっている状態になることも。

算数ドリルや漢字ドリルもついていますが、やはり毎日同じドリルをやっていると新鮮味がないというか、子供もモチベーションが下がるような気がします…。

ただ、スマイルゼミであれば「発展クラス」、チャレンジタッチであれば「ハイブリット」というワンランク上のコースを選択することもできますよ。

料金は少しだけ高くなりますが、毎月数百円オンするだけで、難しい問題を解くこともできるようになります。

また、もし物足りないのであれば、タブレット学習教材に加えて市販の問題集を買って学習させるのも良いと思います。

なので、タブレットだけで完結しようと考えなければ、いくらでも方法はあるんじゃないかな、と思います^^

 

予算が少ない・・安い料金で利用できる通信教育はある?

通信教育・教材を利用する目的や用途はさまざまで、毎月1,000円ほどで利用できるものもあれば、毎月1,0000円ほどかかる教材もあります。

価格を決めるのは、主に「学習内容の品質」「量」「媒体」「オプション」です。

品質を謳っているものほど高く、オプションが多いほど高くなります。

今後、価格のめやす別で通信教育・教材もまとめる予定です。

ご自身の予算に合わせて選ぶ参考にしてみてください。⇨乞うご期待!

 

© 2020 フクちゃんの小学生向け家庭学習ラボ