小学生の家庭学習

小学校1年生の成績表は?2学期が終了!

更新日:

小学校1年生の成績表は?2学期が終了!

長女、小学校1年生2学期の成績表をもらってきました。

1学期は、勉強というよりは新しい生活に慣れるのが大変でした…。

でも2学期はもうだいぶ慣れてきて、楽しく生活しているようでした。

国語で漢字を覚えたり、算数で繰り上がり・繰り下がりを勉強したりなど、わからない点も出てくるようになりますよね。

ちょびっとだけ、心配な気持ちで成績表を見ました…。

ということで今回は、小学校1年生の2学期の成績表を公開しようと思います!



一年生2学期の成績表

昔みたいに、A・B・C評価じゃなく「できる」「がんばろう」評価です。

詳しい項目は、こちらの記事で書いていますよ!↓

>>>小学校1年生の1学期が終了!成績表は?

 

教科の学習の記録

一つだけ、「がんばろう」の項目が…

文字をていねいに書く

確かに、思い当たる節が…

国語の漢字が始まって、一つ一つの文字の書き方がまだできていないんですね〜^^;

それに、プリントの名前を書く欄とか、結構適当に書いちゃう癖があって。

担任の先生が、根気強くプリントに赤ペンを入れてくれるので、直しで書き直して提出する、ということを繰り返しています。

あと、鉛筆の持ち方が正しくないので、絶賛矯正中です!(汗)

鉛筆につけるタイプのこれが、ボコボコしたブロックタイプのものよりも強制力があって活用しています。

行動の記録

《行動の記録》では、「突出している項目にのみ「よい」または「がんばろう」に丸が付いている」という評価項目です。

長女の2学期は、「仕事や手伝いを進んですることができる」のみ「よい」が付いていました。

先生からのコメント

「所見」とありますが、先生からのコメント欄です。

以下のように書いてありました。

給食代の準備や片付けを自ら進んでよく行っていました。
清掃後の雑巾も一枚一枚きちんと洗濯バサミでとめていました。生活科のサツマイモの観察ではワークシートの裏にもたくさん気づいたことを書くことができました。
体育係として、友達と協力して準備体操を行うなど意欲的に仕事を頑張っていました。

嬉しかったのは、積極的に友達や学校のルール的なやることに関わっている様子が伺えたことです。

フクロウ先生は、見かけは地味なのに超やる気のない小学生でした。

なんでも適当っていうか・・・^^;

小学校生活でのやらなければいけないことに、ことあるごとに興味がわかなくて、感受性が薄い感じだったんです。

だから長女が積極的に小学校生活を楽しんでいる様子が伺えて、ホッとしています。

私のようなタイプはマイナーだと思いますが、自分に似てなくてよかったな〜って思って見ています(笑)

 

まとめ

一年生の2学期は、国語の漢字も始まるし、算数の繰り上がり・繰り下がりが始まって、ちょっとお勉強らしくなってきた感じです。

また、お友達にも学校生活にも慣れてきて、先生から見た子供の姿がリアルに成績表に映し出される感じがして、一年生といえどもドキドキしますね^^;

「将来、この記事を長女が見る機会が来たら面白いな〜」と思って記録しています!

また3学期も更新予定です^^

Recommend Posts・Ad

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
フクちゃん

フクちゃん

関西圏在住、3人の子供がいます。 小学生の家庭学習や子供の教育について研究&解説しています。 子育て方針としては、学校の偏差値や点数よりは、将来食べていけるかどうかという長い視点で総合的に判断することが多いです。

-小学生の家庭学習
-

Copyright© フクちゃんの小学生向け家庭学習ラボ , 2019 All Rights Reserved.