口コミ体験談 コナンゼミ

コナンゼミ[ワークブック]国語 算数 英語やってみました【小2男子】

名探偵コナンゼミ[ワークブック]やってみました 小2男性

6月に申し込みをした名探偵コナンゼミ【ワークブック】が届きました!

この記事では、コナンゼミ[ワークブック]の国語 算数 英語を小2男子がやってみた感想をご紹介します^^

▶︎▶︎▶︎名探偵コナンゼミ【ナゾトキ】【ワークブック】公式ページはこちら

 

コナンゼミ[ワークブック]2021年7月号が届いた

コナンゼミ ワークブックの紙教材を郵送で申し込んだ場合に届くもの

コナンゼミ ワークブックの紙教材を郵送で申し込んだ場合に届くもの

 

コナンゼミのワークブックに申し込みをして届くものは、以下の3つです。

  1. ワークブック こくご・さんすう(複合教科問題も含まれています)
  2. 答え合わせブック(こくご・さんすう・複合教科)
  3. GreatFunBook2(英語)
  4. 名探偵コナンゼミマイルームログイン方法(プリント)
コナンゼミ【ワークブック】教材7月号の中身

コナンゼミ【ワークブック】教材7月号の中身

届くものは基本的に教材がメインで、学習をどうやって進めるのか?などのガイドブックはありません。

そんな時は、「名探偵コナンゼミ マイルーム」にログインして「学習ナビ」を参考にすることができますよ。

「学習ナビ」はログイン後、管理画面から確認できます

「学習ナビ」はログイン後、管理画面から確認できます

 

学習ナビ」では、以下のような内容を確認することができます。

  • 教材の1ヶ月の取り組み方
  • 教材ごとの取り組み方
  • 会員サイトないのコンテンツについて
  • 年間学習カリキュラム
  • 教材に関するQ&A

ワークブックやその他のデジタルコンテンツを活用するためのヒントがたくさんあるので、初めて利用する方は参考にしてくださいね!

 

コナンゼミ[ワークブック]国語・算数の教材の内容

コナンゼミ【ワークブック】国語・算数の教材

コナンゼミ【ワークブック】国語・算数の教材

コナンゼミのワークブック[国語と算数]の教材は、単元や漢字など少し教科学習に沿っていながらも、思考問題が基本路線です。

この点は、「まなびwith」だった時と同じですね!

「名探偵コナン」のキャラクターが頻繁に出てくるので、子供が問題に親しみやすいと感じました。

ナゾトキっぽい思考問題も、コナンの推理のようなイメージなので「解いてやろう!」というモチベーションになるようです^^

例えば算数は、「一番安く行くには?」という問題で、お店や電車でお金を払いながらゴールに行く迷路のような問題がでたり。

怪盗キッドからの挑戦状では、配列のパターンからカードに入る記号を解く問題が出たりします。

コナンゼミ[ワークブック]教材 算数

コナンゼミ[ワークブック] 算数の問題を解く小2男子

国語の教科書では、クロスワードパズルや、自分でカルタを考える問題などがありました。

もちろん漢字や、読解問題もありました。

すごく難しいわけでは無いけど、じっくり考えるような問題に取り組めるようになっています。

コナンゼミ[ワークブック]教材 算数

コナンゼミ[ワークブック]国語問題を解く小2男子、分からなくて長女に教えてもらう

国語・算数の答えの冊子には、詳しい解説と、子供に理解して欲しいポイントが載っています。

コナンゼミ【ワークブック】国語・算数の答え冊子

コナンゼミ【ワークブック】国語・算数の答え冊子

今回の教材は小学2年生のものなので、問題自体は答えを見なくても親が教えられるレベルですが、解説を読んで「なるほど〜そういう意図のある問題なのかあ」と興味深かったです^^

 

また、ワークブックと連動した解説映像(動画)も見ることができます。

ワークブックと連動した解説映像(動画)「思考の達人ツール」

ワークブックと連動した解説映像(動画)「思考の達人ツール」

解説映像は教材内容の全部が対象ではなく、以下の内容に対してのみです。

  • 思考の達人ツール:小学1年生〜6年生
  • 国語読解:小学3年生~6年生
  • 算数図形:小学3年生~6年生
  • 複合教科:小学3年生〜6年生

解説動画は子供向けで、講師がゆっくり優しく解説してくれます^^

 

コナンゼミ[ワークブック] 英語の教材の内容

コナンゼミ[ワークブック]教材 英語

コナンゼミ[ワークブック]教材 英語

コナンゼミ[ワークブック]にある英語の教材は、薄い冊子です。

7月号は全部で7ページでした。

教材はオールカラーで絵が多く、基本的には動画を見てから問題を解く内容になっています。

コナンゼミ[ワークブック]英語は動画を見てから問題を解く

コナンゼミ[ワークブック]英語は動画を見てテキストを進める

動画の質は高く、小5の長女も5歳の次女も一緒になって真剣に見ていました。

コナンゼミ[ワークブック]英語教材はウェブで動画を見ながら学べます

コナンゼミ[ワークブック]英語教材はウェブで動画を見ながら学べます

親が教えなくても、動画を見てから問題をしっかり解けていたので、繰り返しやれば単語や英語の基本表現がしっかり身につくと思います。

よく聞く歌を学習ネタにしていたので、学習が終わった後も口ずさんだりしていましたよ^^

 

ただ、残念だったのは以下の2点です。

  • 一月に習う単語や表現の量が少ないと感じること
  • 配信日を待ってからでないと動画が見られないこと

量が少ないのは、小2という年齢で見ればちょうど良いのかもしれません。

ただ、英語もガッツリやらせたいと考えている場合は、少ないと感じると思います。

ここは親御さんの、英語に対する重要度指数によりますね^^;

 

配信日を待たなければいけない というのは、例えば7月はこんなふうに動画の配信スケジュールが決まっています

  1. 1回目動画:6月25日から配信
  2. 2回目動画:7月2日から配信
  3. 3回目動画:7月9日から配信
  4. 4回目動画:7月16日から配信

子供の性格によると思うのですが、集中力が高まって一気にバーっとやって身に付くタイプと、コツコツやって身につくタイプってあると思うんです。

私自身が前者なので、ここは配信のスケジュールを決めずに月初に公開して、取り組む各ご家庭に任せてくれたらいいのになあ、と思いました。

 

コナンゼミ[ワークブック]ならデジタル学習「ゲームボックス」も楽しめる

コナンゼ[ワークブック]に入会すると、小1~小6までどのコースでも「ゲームボックス」という学習コンテンツを利用できます。

図形に関するゲームが6種類、言葉に関するゲームが6種類、計算が1種類、合計13種類のゲームが楽しめますよ!

コナンゼミ[ワークブック]ならデジタル学習「ゲームボックス」も楽しめる

コナンゼミ[ワークブック]ならデジタル学習「ゲームボックス」も楽しめる

コナンゼミ[ワークブック]の料金と支払い

私はコナンゼミの[ワークブック]と[ナゾトキ]を両方同時に申し込みをしました。

ウェブ上から申し込みをするのですが、[ワークブック]も[ナゾトキ]も、支払いはクレジットカードのみです。

ここではコナンゼミ[ワークブック]の料金について紹介しますね。

 

コナンゼミへの申込みをするとき、入会金はなく、最低契約期間もありません

なので1か月ごとの契約ができます。

お試ししたい場合は助かりますね!

教材は、以下のどちらかを選ぶことができます。

  • 教材配送:ワークブックを紙で印刷されたものを配送してもらう
  • PDF版:PDF版をダウンロードして自宅で印刷する

PDF版を選んだ方が若干安いですが、年2回ある学力テストや各種イベントは教材配送の方のみのサービスです。

PDF版で申し込んでる場合は受けることができないので注意です!

教材配送PDF版
1年生コース¥2,420¥1,320
2年生コース¥2,530¥1,430
3年生コース¥3,080¥1,980
4年生コース¥3,740¥2,640
5年生コース¥4,290¥3,190
6年生コース¥4,620¥3,520

ちなみに、コナンゼミの【ワークブック】は、入会すればバックナンバーも購入できます

[教材配送]コースでも[PDF版]コースでも、購入OKです。

 

今回は小学2年生コース、教材配送を選んで申し込みをしました。

申し込みをすると、以下のようなメールがすぐに届きます。

コナンゼミ[ワークブック]に申し込みをした後届くメール

コナンゼミ[ワークブック]に申し込みをした後届くメール

コナンゼミ[ナゾトキ]と[ワークブック]の同時申込みで、合計3,278円でした。

継続すれば、3,278円が毎月かかることになります。

ちなみに、どちらかだけを退会することも可能です。

 

注意!

6月20日に申し込みをしたのですが、ナゾトキと教材配送で開始月号が違うのに気づきました。

申し込み時に、ワークブックを始める月号を選べたので7月号からにしたのですが・・・[ナゾトキ]の方は申し込み時点の6月号から申し込みをしたことになっています。

コナンゼミ申込画面 ワークブックを始める月号を選べる

コナンゼミ申込画面 [ワークブック]を始める月号は選べる

ナゾトキの方は、月が変わっても前月の問題を解けるので量は変わらないし、まあ問題はありませんが・・・

同時かと思っていたので、ここは注意点ですね^^;

 

他の通信教育と違うところ

上にも書きましたが、「コナンゼミ」はもともと「まなびwith」という通信教育でした。

大本は小学館の学習サービスで、「楽しく学ぶ」がコンセプトです。

なので、国語・算数の基本的な教科学習に加えて、以下のような問題を+αの特徴としています。

  • 作文
  • 読解
  • 文章題の図化
  • 図形
  • 国算理社を組み合わせた複合教科問題
  • その他思考問題

低学年でも文章読解や作文、複合教科問題が出るので、論理的思考力を育てるという点で優れていると感じました。

何より、名探偵コナンの影響力はすごいですね!

「コナンゼミのワークブックやろう」というと、小2男子「え〜」と言いながらも少し嬉しそう(笑)。

好きなキャラクターというだけで、勉強に対するハードルがかなり下がりました^^

問題自体も、ドリルのような雰囲気では無く、楽しく学べるような内容が多いです。

まだ試していない人は、入会金・最低契約期間もなく1ヶ月でも利用できるので、1度利用してみる価値があると思います^^

(お試し教材や資料請求はないです^^;)

 

Recommend Posts・Ad

  • この記事を書いた人

フクちゃん

関西圏在住、夫・10歳・7歳・5歳の5人暮らし。
小学生の家庭学習や子供の教育についてブログに書いています。
インスタでは、小学生のママ・パパ向けに役に立つ情報を発信中です。
ツイッターでは、気になるニュースをチェックしています。
フクちゃんの楽天ROOMはこちら

-口コミ体験談, コナンゼミ

© 2021 フクちゃんの小学生向け家庭学習ラボ