小学生の家庭学習

語彙力と探究心が身につく最強の方法は本を読むこと!

語彙力と探究心が身につく最強の方法は本を読むこと!

小学生のお子さんを持つお母さんお父さん、「子供が本を読まない…」とお悩みではありませんか?

読書って学力に影響するとかしないとか。

よく学力問題でテーマに挙げられる分野ですよね。

 

今回は、小学生の読書習慣のメリットについてご紹介しようと思います。



読書好きのメリットは?多読は学力アップに影響?!

本を読む量と学力は比例するのか?

よく、「頭がいいと言われる人は昔から本をよく読んでいた」なんて話を聞きますよね。

それは本当なのでしょうか?

本を読む量と学力は比例するのか?

が気になるところです。

現役東大生にとったアンケート結果では、小学生時代に月平均7.4冊の本を読んでいたことがわかりました。

これは、小学校6年間で533冊の本を読んだということになります。

ちなみに全国平均は月5.6冊という結果ですので、その差は小学生時代全体では130冊の差が出ることになります。

(出典:学研教育総合研究所、小学生白書Web版「小学生の日常生活に関する調査」2014より)

 

学力に影響するという著名人の意見も

また、東京杉並区で個人指導塾を主宰する松永暢史さんは、「読書の量が学力に影響する」と指摘します。

松永さんの意見によると…

賢い人は本が好きだと思っている人はいると思いますが、逆です。
本を数多く読むと言語的な理解力が上がり、言葉を使いこなす能力も身につきます。
さらに、考える時間も増えて思考力が高まる。結果、勉強もできるようになるわけです。

実際に松永さんの教え子で、年間300冊近くの本を読んできた生徒が、苦手だった国語を得意科目にしてしまった、というエピソードもあります。

松永暢史さん著書がこちら

 

文章を読むということへの慣れ、文章を読むことへの苦手意識がなくなれば、国語に対する興味がわくんじゃないかな、と思います。

 

小学生の子供の読書好きのメリット

では、子供が読書をするメリットは何でしょうか?

私が考える、メリットをまとめてみました。

  • 語彙力が増える
    単語、用語、様々な言葉遣いを習得することができます。
  • 想像力がつく
    感情移入して読むことにより、気持ちや情景を頭に浮かべるので想像力がつきます。
  • 理解力・思考力が上がる
    言葉だけを情報として、頭の中で解釈する過程により理解力が上がります。
  • 知識が付く
    小学生向けの本でも様々なジャンルがあるので、知識がつきます。
    知識が付けばさらに知識を欲するようになり、好循環になります。

活字が与える影響は、思ったより大きいかもしれません。

テレビなどの動画映像を見る場合は完全に受け身の状態となりますが、本という活字を目で追って頭で理解する行動は、自分でしなければいけない能動的な状態です。

この点が大きく学力に影響するポイントなのではないかと考えます。

 

休日は図書館へ行ってみよう!

子供の活字離れとはよく言いますが、ちょっと図書館をのぞいてみれば結構子供がいて、みんな貪るように本を読んでいるんです。

本にはいろんなジャンルがあって、真面目な本ばかりじゃないです。

例えば小学生が大好きな「う○こ」をテーマにした本がどれだけあるか、もし調べたら結構出てくると思います(笑)

他にも迷路や間違い探し、クイズの本だってあるんです。

もちろん冒険の本や、探偵の本、怖い話の本もあります。

だから、文章が苦手っていう子供とそうでない子供の違いは、本を読むという習慣があるかないか、というだけなんじゃないかな〜って思うんです。

もし子供があまり本を読まないと感じるのであれば、ぜひ図書館に行ってみてください!

無料で面白い本が山ほど借りれますよ^^

Recommend Posts・Ad

  • この記事を書いた人
フクちゃん

フクちゃん

関西圏在住、3人の子供がいます。 小学生の家庭学習や子供の教育について研究&解説しています。 子育て方針としては、学校の偏差値や点数よりは、将来食べていけるかどうかという長い視点で総合的に判断することが多いです。

-小学生の家庭学習
-

Copyright© フクちゃんの小学生向け家庭学習ラボ , 2019 All Rights Reserved.