小学生の家庭学習

二年生で勉強がついていけない?!国語と算数のつまづきポイント

我が家の下の娘は、小学校二年生です。

今ちょうど100より大きな数の学習に入ったところで、今までに、時間、長さなどを習ってきて、どれも一年生に比べるとぐっと難しい内容でした。

一年生のうちは、読み書き計算のなかでも基礎中の基礎を習い、まずはしっかり身につけることに重点を置いて学習してきたことと思います。

二年生になると学習はどのように変わっていくのか、一年生の時とどのような違いがあるのか、重点を置きたい部分を紹介しながら、二年生でつまづかないために出来ることについて紹介していきたいと思います。



[toc]

二年生でのつまづきポイント~国語編

一年生で新規に習った漢字は80字でしたが、二年生で習う漢字はその倍にあたる160字で、画数も多い難しい漢字が出てきます。

例えば、曜日の「曜」算数の「算」、「鳴」「書」など画数も多く、バランスも難しく、覚えにくいです。

我が家の下の子は、もうすぐ漢字のチャレンジテストというものがあり、漢字の復習に余念がありませんが、毎日練習しているのにも関わらず忘れてしまう漢字があり、「とめ」「はね」「はらい」がいい加減になりがちで、赤ペンでたっぷり添削されてきます。

ここでつまづかないために、まずは一年生に習った漢字はしっかり完ぺきにかけるようにしておきたいところです。

漢字をなんどもなんどもたくさん書くことで、漢字を書く時の決まりを身につけておき、「とめ」「はね」「はらい」を常に気にしながら書くことができるようになっていると良いです。

まだ習っていない漢字や、初めて見る漢字でも、部首の同じ仲間や音を表す部分が同じ仲間の漢字で仲間わけをし、関連付けして覚える方法もあります。

一年生で習ってきた文章読解ですが、より長い文となり難しく感じられます。

特に文章読解力が必要になってきていて、「いつ、どこで、だれが、何をして、どうした、どうおもった」といういわゆる5W1Hをしっかりと読み取る力が求められます。

普段から自分の言葉で自分の考えを話したり表現することを訓練しておくと良いですよ。

小学生の語彙力を増やす!子供が読書好きになる5つの方法

 

二年生のつまづきポイント~算数編

二年生で習う算数は、これから先土台になっていく重要な単元が沢山あります。

「時間」「ひっ算」「長さ」「単位」「図形」「分数」そして低学年の山場「掛け算九九」などになります。

ひっ算は一年生で習った計算の応用編となりますから、二年生に上がる前にしっかり復習をして、繰り上がり、繰り下がりの計算をつけておきましょう。

長さや単位は、実物をつかってイメージを持たせてあげると分かりやすく、プリントや教科書上ではイメージがつかみにくい子もいるので、実際にリボンや紐を用意して理解を深めます。

特に水のかさの単位「デシリットル」はなじみがない上、使う機会がないのでわかりにくくつまづきやすいポイントの一つです。

実際に水筒やヤカン、計量カップなどをつかって繰り返し実験して覚えましょう。

我が家の上の子は、デシリットルを覚えるときに、一リットルの弟子(デシリットルのデシを弟子にかけて)がデシリットルで、一リットルはデシ(弟子)を10人しか持てないと覚えていました。

分数は、好きな食べ物を使うと楽しく学習できます。

たとえば果物やケーキなどをつかうと子供も喜びますし、インパクトをもたせられます。

掛け算九九は、私たちのころはひたすら暗唱して覚えた記憶があります。

学校の帰り道、友達とならった掛け算九九を大声で歌いながら下校してきたり、お風呂の中で100まで数える代わりに大声で歌って覚えた思い出がよみがえります。

まずは覚える方法ですが、今の時代は本当にいい教材が沢山あり、暗記カードや九九の表、専用アプリや掛け算九九の歌のCDなど色々なものがありますので、お子さんといろいろ試しながら合うものを使うのが良いでしょう。

我が家の下の娘は、理解するまでに人より時間がかかる上、そそっかしいタイプなので、今から少しずつ掛け算に対して準備を進めていて、掛け算九九の表をお風呂に貼ったり、掛け算九九のスマホアプリを入れて触らせたりしていますし、かわいいキャラクターが掛け算九九を歌ってくれるマシーンをおもちゃ代わりに触らせたりもしています。

掛け算は暗記するだけでなく、掛け算の仕組みを理解する必要があり、この先割り算を習ううえでも掛け算の考え方をしっかり理解していないとつまづく原因となります。

 

子供の理解度を把握するためにも家庭学習の習慣づけを!

二年生で習う単元のつまづきポイントについて考えてきましたが、あまり考えすぎたり、構えすぎたりする必要はありません。

まずは一年生のうちに、一年生でならったところはしっかりと学習して身につけておくこと、家庭学習の習慣づけをしておくことが大切です。

つまづきに家庭学習は関係あるのか?と考えますが、家庭学習をすることで

  • 学校で習ったことの復習になる
  • 親が家庭学習を見ることで我が子の苦手に気が付ける
  • 理解しないまま進んでしまうことを避けられる

という点からも家庭学習は学習の定着にとっても大切なことです。

二年生でならう単元は、この先の学習に於いては避けて通れない基礎ばかりとなっています。

ここをおろそかにしてしまうと、これから先の学習でつまづいて「勉強がつまらない!」「きらい!」と言い出しかねませんので、低学年のうちにしっかりつまづきポイントを克服して備えておきたいところです。

Recommend Posts・Ad

  • この記事を書いた人
ユラ

ユラ

関東在住、8歳違いの姉妹を育てています。家でできる学習に興味があり、特に基礎学力をつけることを意識しています。家だからこそできることを探しながら、「勉強って楽しいんだよ」を伝えられるように子供たちと一緒に日々勉強中です。

-小学生の家庭学習
-, ,

Copyright© フクちゃんの小学生向け家庭学習ラボ , 2019 All Rights Reserved.