英語-ベルリッツキッズ

ベルリッツキッズの宿題って大変?レベル別傾向をまとめました

ベルリッツキッズの宿題って大変?レベル別傾向をまとめました

カエルこの記事は、ベルリッツ勤務経験のあるenglishmomさんに書いていただきました!

最近の小学生は習い事をいくつも掛け持ちしていて、忙しくなかなか自分の時間が取れない方もいらっしゃいますよね。

そんな中でも新しい習い事をするのであれば、習ったことをしっかり身につけてほしいと考えている親御さんも多くいらっしゃるかと思います。

4歳から始められるベルリッツキッズですが、ベルリッツで英会話を始めることを検討している方に、効率良く復習ができるような宿題が出るのか、親がどの程度お子様の宿題の手伝う必要があるのかという点をまとめてみましたので是非検討の材料にしてみてください。

 

教材について

ベルリッツキッズの小学生向けの教材は3種類あります。

各教材はそれぞれ学習の目標が違うので、それぞれの特徴をまとめました。

Mimi&Me

こちらの教材は4歳から小学校中学年向けの教材で5段階のレベルがあります。

聴く力と話す力を養いながら英語への興味を育てるための教材で、自分のことや身近なことを単語ではなく、しっかり文法を使ってフルセンテンスで伝えられるように学習をしていきます。

またレベルにも寄りますが、アルファベットの認識や書き方、フォニックスも勉強します。

Phonics Jump

こちらは小学校中学年向けで、レベルは1つのみです。

フォニックスを学びながら読み・書きをメインで学び、聴く・話すを織り交ぜながら4技能を身につけるための教材です。

ちなみにフォニックスとは、アルファベットと発音の規則性のことです。その規則を知っていると知らない単語が出てきたときでも発音ができたり、単語を聞いて綴りが分かるというお力がつきます。

次のレベルのLOOKでは、もっと本格的に読み・書きが入ってくるので、この教材でその基礎を身につけて準備をしていきます。

小学校中学年のお子様でもフォニックスがすでにできている場合にはLOOKにそのまま入ることもあります。

LOOK

こちらは小学校中学年〜6年生向けの教材で、4段階のレベルがあります。

聴く・読む・話す・書くの4技能の基礎を学んでいきます。中学生レベルの文法や単語を学びながら、フルセンテンスで自分の意見を伝えられる力を身につけることを目的とした教材です。

 

宿題を行うタイミングについて

どの教材も基本的にはレッスンで習った内容の復習が宿題として出されます。

聞いたことのある方もいらっしゃるかもしれませんが、記憶には忘却曲線というのがあります。この忘却曲線によると、レッスンで習った内容もその翌日には70%を近く忘れてしまうと言われています。

習ったことをしっかりと定着させるためにベルリッツでは宿題をなるべく早いタイミングで行うようにオススメされます。

人によっても差がありますが、宿題の量はそんなに多くありません。ページ数でいうと1ページ、大体30分〜1時間程度でやり終えられるボリュームです。記憶の定着をさせるためにできる限り当日中に宿題をすると良いでしょう。

 

各教材の宿題について

それぞれの教材にはガイドが付いてきます。

ガイドには教材の使い方や家庭での学習方法、その日に学んだことなど、詳細が記載されています。

Mimi&Meのガイドは基本的に保護者の方向けのものですが、Phonics JumpとLOOKは保護者の方とお子様と一緒に使用していきます。

それでは各教材の宿題について見ていきましょう。

Mimi&Meの宿題

Mimi&Meの宿題はお子様が楽しく、英語に興味を持ちながら進められるように塗り絵やお絵かき、ゲームを織り交ぜながら英語を使うというものが多いです。

ただ、塗り絵やお絵かきをするだけだと無言で進めることもできてしまうので、ここで保護者の方のフォローが必要となります。

例えばレッスンの中で”Who is this?”という表現を習ったとします。親御さんはその表現を使ってお子様に質問をしてあげます。お子様はレッスンでならった表現を使って”This is 〇〇.”という形で質問に答えます。その後にそのキャラクターの色を塗ってもらう、という形です。

ガイドにはレッスンで習った表現が書いてあるので親御さんはそれを見れば何を質問すれば良いのかがわかるようになっています。

Phonics Jumpの宿題

ガイドはお子様と一緒に使えるので、毎回レッスンの後にお子様自身でガイドを確認して宿題を進めていくことができます。Mimi&Meとは違い、これが自分でできるお子様であれば、保護者の方のサポートはそこまで必要ありません。

毎回きちんと宿題ができているかチェックする場所があるので、そこにステッカーなどを貼ってあげるとお子様のモチベーションも上がるのでオススメです。

宿題の内容はフォニックスの勉強がメインなのでCDを聴きながら宿題を進めてくことで、レッスンで習ったフォニックスを定着させることができます。

宿題の内容は例えば、レッスンで習った大文字や小文字のアルファベットを発音しながら書く練習をしたり、音声を聞きながらアルファベットと絵を線で結んだり、書かれている文章を読む練習などがあります。

LOOKの宿題

こちらもPhonics Jumpと同じようにガイドが自分で確認できる子であれば、保護者のサポートはそれほど必要ではありません。

こちらの宿題ではリスニングの問題も出てきます。CDが付属されていない為、専用サイトで音声をダウンロードする必要があります。

ゲームや簡単なお絵かきを交えながら進めていく問題や、音声で流れた単語を聴き取って選択する問題、質問に対する答えを習った表現を使いながら書く問題などが宿題として出されます。

LOOKになると難しい内容も増えてきます。宿題は保護者の方のサポートが必要ない場合でも、定着をさせるために習った表現を使う練習を毎日してあげると上達を更に実感できます。

 

まとめ

各教材、年齢やレベルに合わせながら、レッスンで習ったことを楽しみながらしっかりと定着させられるような宿題が出題されます。

量は決して多くないので、他の習い事で忙しいお子さんにも問題なくこなせる量かと思います。

ただグループレッスンだと次のレッスンまでどうしても間が空いてしまうので、その間に忘れないよう毎日習った表現を使うように意識的に保護者の方が質問をしてあげると、より定着もしますし、英語での表現の幅が広がります。

話せる力がついてくると更に英語が楽しくなるので余力があればプラスアルファで是非サポートしてあげてください。

 

「子供に実践的な英会話を身に付けさせたい」と考えているなら、まずはベルリッツキッズの無料体験レッスンを受けてみてください^^

 

ベルリッツキッズの無料体験レッスンはこちらから↓

ベルリッツキッズ

ベルリッツ・キッズ【公式ページ】

※4/8(水)~5/6(水)において一部の教室では、無料体験レッスンはオンラインにて実施しているそうです。
オンライン無料レッスンはパソコン・スマホで簡単に操作できるので、お家で親子で一緒に体験してみても良いですね^^

Recommend Posts・Ad

  • この記事を書いた人
englishmom

englishmom

ベルリッツの勤務経験があります。よく上がっていたお客様のお声などを含めながら、ベルリッツキッズの特徴とともに、実際にお子さんが通学されている方の評判や口コミなどを紹介しています。

-英語-ベルリッツキッズ

Copyright© フクちゃんの小学生向け家庭学習ラボ , 2020 All Rights Reserved.