英語-ベルリッツキッズ

ベルリッツキッズの教材はどんなものを使ってるのか?

ベルリッツキッズの教材はどんなものを使ってるのか?

カエルこの記事は、ベルリッツ勤務経験のあるenglishmomさんに書いていただきました!

ベルリッツキッズのレッスンについての評判を耳にすることはありますが、教材はどのようなものを使用しているのかご存知でしょうか?

筆者の経験を元にベルリッツキッズの教材の特徴についてまとめてみました。

ベルリッツキッズを始める際の参考にしていただけると嬉しいです。

 

ベルリッツキッズの教材・レッスンの特徴

ベルリッツキッズには、他の英会話スクールと比較して特に良いと感じたポイントがいくつもあるので下記にまとめてみました。

身近な内容がテーマになっている点

ベルリッツキッズはお子様の年齢と英語力の二つを確認した上で、その子がどの教材を進めていくかが決まります。

その理由は、レベルだけで見ると、教材の内容が年齢と比較して幼稚すぎたり、大人すぎたり。

逆に年齢だけで見ると、お子様の今までの英語学習経験によって、内容に全くついて行けなかったり、簡単すぎて知っていることの復習ばかりになってしまう等の可能性があるからです。

 

ベルリッツキッズの教材はレベルと年齢ごとに細かく分けられるので、身近な場面で使われる、お子様のレベルに合ったフレーズや単語を学ぶことができます。

そのため、習ったことを日常で使うシチュエーションのイメージがしやすく、より身につきやすくなります。

 

例えば、4歳で初めて英語学習をするお子様は、色や動物、家族に関連した英単語を身に付けることで、簡単な身の回りのことが伝えられるようになります。

また、ある程度英語学習経験のある、小学校中学年のお子様は、自分の意見を伝えたり、より良いアイディアを説明する英語力を身に付けることができます。

このように、実際にその年齢のお子様が日本語で会話をしている際に出てきそうなシチュエーションと、現在のお子様の実際の英会話レベルを合わせながらレベル分けをし、学んでいくことで自分に関連することを英語で伝えられる力が身につきます。

そのため、お子様も英語が話せるようになったことを実感しやすく、モチベーションアップにもつながります。

 

ティーチングサイクルに沿って進められる点

ベルリッツキッズのレッスンは下記のように決められたサイクルに沿って進められます。

①はじまり

②紹介(単語・フレーズなど)

③アクティビティ(反復練習)

④発表(実践・定着)

⑤振り返り(確認・宿題)

引用元: ベルリッツ公式HPより

 

お子様のレッスンでこのように1レッスンの流れがしっかりと定められている英会話教室は珍しいかと思います。

私は各ステップをこのように定めることでたくさんのメリットがあると思います。

 

まずは『①はじまり』では年齢によっても異なりますが、宿題のチェック、歌やダンスをして、日本語の脳から英語の脳に切替を行います。

その後、最初にその日のゴールを定めるのですが、これをすることで具体的にその日のレッスンで習うことが明確になります。

そのため、お子様は最初の段階で今日は何を学習するのかをはっきりと認識することができます。

 

『②紹介』では、その日に定めたゴールを達成するために必要な単語やフレーズを教師から紹介されます。

発音を聞いてから絵などを見て意味を学び、日本語を介さないことで、しっかりと英語で意味を理解することができます。

 

『③アクティビティ』では、②のステップで学んだ単語やフレーズを何度も繰り返し練習します。

通常の英会話スクールでグループレッスンを受けていると一人の会話時間が限られているため、ベルリッツキッズのように何度も何度も反復練習をする時間が取られません。

しかし、ベルリッツキッズのグループレッスンは最大3名までの少人数制なのでしっかりと身につくまで繰り返し練習を行うことが可能です。

 

『④発表』では、③のステップで身につけたフレーズなどを使って実践形式で練習をしていきます。

③だけで終わってしまうと、あまり考えなくてもできてしまいますが、この段階を踏むことでしっかりと習ったフレーズを自分のものにすることができます。

 

『⑤振り返り』では、その日に習ったことを再度おさらいをしながら、次のレッスンまでにやってくる宿題の確認などを行います。

 

このように①から⑤のステップを踏むことは、短い英会話のレッスン時間をより効果的なものにしてくれます。

 

フルセンテンスで会話練習を行う点

ベルリッツキッズでは、実践で使える英語を身に付けることを重視しています。

他の英会話スクールでは講師がお子様に「What is your favorite animal?」と質問し、「Dog.」と答えることができれば、ちゃんと理解していると判断され、次のお子様に同じ質問をするというケースが多いです。

しかし、これでは実際に英会話スクール以外で英語を話すシチュエーションとなった場合、実践的な英会話とは言えません。

ベルリッツキッズでは、前述のティーチングサイクルで最初にフレーズを学んだり、反復練習をすることで、しっかりと文法を使用して、回答をすることができるようになります。

万一、発表のステップでフルセンテンスで回答ができない場合には必ず教師が「My favorite animal is...」とヒントを与えます。

そのため、そのヒントを使ってお子様は「My favorite animal is a dog.」と正しいフレーズを使って回答ができるようになるのです。

 

それぞれの教材について

ベルリッツキッズの教材は大きく分けると4歳から小学校低学年までのDiscoverと小学校中学年から小学校6年生までのExploreの2種類に分けられます。

DiscoverではMimi&Meという教材を、Exploreではレベルに合わせてPhonics JumpとLookという教材を使用します。

各教材の特徴などについて下記にまとめてみました。

 

Mimi&Me

Mimi&Meという教材にはMimiという、とっても可愛いネコちゃんがメインキャラクターとして登場します。

ベルリッツと同じベネッセグループが販売している、ワールドワイドキッズを見たことがある方にはおなじみのキャラクターですね。

レベルが5段階ありますが、最初の2レベルは基本的に未就学児用、それ以降は小学生用となっています。

このプログラムでは歌を歌ったり、踊ったり、ゲームを織り交ぜながらレッスンが進んでいくので、お子様は楽しみながら英語への関心を育むことが出来るようになっています。

 

またベルリッツは世界の170カ国以上にスクールがあります。

日本にしか教室のない英会話スクールでは日本の文化に合わせたオリジナルの教材を使用されているところが多くありますが、この教材は世界のベルリッツで使用されている教材です。

そのため、日本や一部の地域でしか使わない表現や日本にしかない文化を学ぶのではなく、世界で通用する英会話力を身に付けることが出来ます。

ちなみにMimi&Me全体で学習する単語数は300~500語程度、英検レベルの目安はBronze〜5級程度です。

 

Mimi&Meの教材セット内容

入学の際、この教材からスタートされる場合、最初に教材のセットを購入します

教材のセットにはバックパックセット・アクティビティブック・スチューデントブック・オーディオCD・フラッシュカード・マイABCブック・パスポート・リファレンスガイドの8点がついてきます。

この中で特に特徴的なのはリファレンスガイドす。

こちらはレッスンでお子様が使用するものではなく、保護者の方用のガイドになっています。

お子様がレッスンで今日は何を学習したのか、保護者の方はなかなかその点が分からないものですが、こちらのガイドを見ればその日に学習した単語やフレーズが記載されています。

また毎回宿題が出るのですが、宿題の内容や進め方についてもこちらのガイドを見ればわかります。

更に余力がある場合は、宿題以外にご家庭で何を行えば良いのかなど、アドバイスが記載されていたり、フラッシュカードを使用したゲームなども紹介されているので、ベルリッツキッズでスタートされた場合には是非活用されることをオススメします。

 

Phonics Jump

Phonics Jumpの対象年齢は小学校中学年から6年生までです。

こちらの教材ではフォニックスをメインで学習しながら、読む・聴く・話す・書くの4技能の土台を身に付けるための教材です。

この教材はレベルがないので、土台をしっかりと身につけてから次の教材のLookに入っていく形になります。

ちなみにフォニックスとは、知らない単語が出てきた時にアルファベット読みをしても正しい英単語の発音はできませんが、フォニックスで英語の発音や規則性を学んでおくことで、知らない単語でも正しい発音ができる、という指導方法です。

他の英会話スクールではA・B・C…と順番に学んでいくことが多いですが、ベルリッツキッズのこちらの教材では日本人の学習段階に合わせてフォニックスを勉強します。

例えば、a,e,i,o,uの母音を含む単語はたくさんありますが、bを含む単語はそれらに比べると少ないですよね。

なので、まずは母音のフォニックスを学習し、その後含まれる頻度の高い音を学習し、似ている音を学習するという順番で学んでいきます。

これを行うことでお子様にとっても理解しやすくなったり、読める単語の増えるスピードが上がるのでお子様のやる気にもつながります。

ちなみにPhonics Jumpで学ぶ単語数は500語程度、英検の目安レベルはGold〜5級程度です。

 

Phonics Jumpの教材セット内容

入学の際に、Phonics Jumpの教材セットを購入します

教材セットには、スチューデントブック・ホームワークブック・ピクチャーディクショナリー・CD・リファレンスブック・パスポート・ショルダーバックの7点がついてきます。

この中のスチューデントブックはレッスンの中で使用する教材です。

通常は40レッスンでこちらの教材が終了し、全てのアルファベットの音を学ぶことができます。

ベルリッツはしっかりと学んだことを定着させることにも力を入れているので、この40レッスンの中には4レッスンごとに復習のレッスンも組み込まれてます。

またホームワークブックやCDを使用してご自宅でも習ったことを定着させるために学習をしていきます。

 

Look

こちらの教材の対象年齢も上記のPhonics Jumpと同じく小学校中学年から6年生までです。

Phonics Jumpの上のレベルという形で、4段階のレベルが用意されています。

どのレベルでも4技能を総合的に伸ばしながら、単純に英語力を身に付けるだけではなく、考える力を同時に養うことができます。

 

例えば、世界で今起きていることや、他の国の同年代の子どもたちがどのような生活をしているのかということが教材の中に出てきます。

それに対して自分の国ではどうなのか、それについてどう思うか、など説明をする機会もレッスンの中に組み込まれています。

 

異文化については大人が読んでも大変興味深いものが扱われており、写真もナショナルジオグラフィックのものを使用しているので、鮮やかだったり、お子様の興味を引きやすいものになっています。

お子様にとって身近な話題が多いので他の国にも興味を持ちやすい教材だと思います。

ちなみにLookで学ぶ単語数は600~1,500程度、英検の目安レベルは5級〜3級程度です。

 

Lookの教材セット内容

入学時Lookからスタートされる場合には最初にLookの教材セットを購入します

Lookの教材セットにはスチューデントブック・ホームワークブック・ホームスタディガイド・アンソロジーブック・パスポート・ショルダーバックの6点がついてきます。

目安としては40レッスンで1レベル修了となりますが、20レッスン目と40レッスン目のタイミングでは、しっかりと学習したことが定着しているか確認テストが用意されています。

もしそのタイミングで講師がまだ先に進むのは早いと判断した場合には、復習などをしてからようやく次に進むことができるので、定着しないままレッスンだけ進んでいってしまうことはありません。

Lookになると、内容が結構難しくなるので、保護者の方にとって、お子様が理解していないと次のレベルに進めないというのは大変安心ですよね。

 

ベルリッツキッズの教材についてのまとめ

ベルリッツキッズの教材はお子様の年齢とレベルに合わせて作られています。

私の個人的な意見ですが、他の英会話スクールと比べても教材の内容が大変優れています

楽しみつつ、お子様の興味を引きながら、しっかりと英語力を定着させていくための工夫がたくさんされていると思います。

体験レッスンに参加される際、是非教材もしっかりと見て決められることをオススメします。

 

「子供に実践的な英会話を身に付けさせたい」と考えているなら、まずはベルリッツキッズの無料体験レッスンを受けてみてください^^

 

ベルリッツキッズの無料体験レッスンはこちらから↓

ベルリッツキッズ

ベルリッツ・キッズ【公式ページ】

※4/8(水)~5/6(水)において一部の教室では、無料体験レッスンはオンラインにて実施しているそうです。
オンライン無料レッスンはパソコン・スマホで簡単に操作できるので、お家で親子で一緒に体験してみても良いですね^^

Recommend Posts・Ad

  • この記事を書いた人
englishmom

englishmom

ベルリッツの勤務経験があります。よく上がっていたお客様のお声などを含めながら、ベルリッツキッズの特徴とともに、実際にお子さんが通学されている方の評判や口コミなどを紹介しています。

-英語-ベルリッツキッズ

© 2020 フクちゃんの小学生向け家庭学習ラボ