小学生の通信教育・家庭学習を解説するサイト

フクロウ先生の小学生向け通信教育ラボ

小学校生活

公立中高一貫校の偏差値以外の選び方ー子供のためになる選択は?

更新日:

中高一貫校を受験しよう!と決めた時、その次には志望校を決めなくてはいけませんね。

私の住む県では公立中高一貫校は、同日に受験日が設けられていますので併願することはできませんが、中には私立中高一貫校を併願する子も見られます。

我が家の上の子供が中学受験をしたいと言い出した時、親は面食らって、慌て、情報がなかったので悩み、沢山話し合ったことが思い出されます。

あの時もっと情報があったらどうだったか、受験は本当にこの子のためになったのか悩んだものです。

そこで今回は、公立中高一貫校への受験を考えた時、偏差値以外ではどのような選択肢があって、どのように考えていけばより良いのかについて、我が家が経験したことも交えながら紹介していきたいと思います。



[toc]

子供が将来どのように成長したいのか、親子で明確にする

我が家の周辺では中学校に進学するとき、考えられる進路として、

  • 県立中等教育学校
  • 私立中等教育学校
  • 私立中学校
  • 市立中学校

があり、子供たちはほぼ「市立中学校」への進学を選びます。

高校受験のタイミングで将来の進路を大体決めてから受験する感じになるわけですが、公立中高一貫校の場合、高校受験がありませんので、将来どのように成長してほしいかどのような進路に進みたがっているのかというのは、中学受験のタイミングである程度明確にしておく必要があります。

なぜかというと、目指している学校の教育理念や校風が、家の教育方針と大きく違っていると、入学してから子供も親も苦しくなるからです。

家の教育方針と学校の理念が大きく違うと、6年間という長い学校生活の中で、親子共に学校への不満がたまりやすくなり、学校生活や勉強に熱心に取り組むことができません。

親子で話し合って、「将来こんな風になりたいから、受験をして、こんな風に勉強して、将来はこんな大学に進んで、夢の職業に就きたい」というおぼろげなビジョンでいいので決めておくと良いです。

まだそんなに具体的には思いつかないというときは、好きな分野を生かした職業についてみたい、〇〇さんのような大人になりたいでも良いです。

入学した後、夢に向かって頑張る、やりたいことのためにもこんなことを勉強していくといったように前向きな姿勢で学校生活を送ることは、「受験の合格がゴールでない」以上とても大切なことです。

6年間という学校生活の中で、親子で「どうなりたいか」を受験前に決めておくことは重要です。

 

志望校の見学に行ってみる。

受験する学校が決まったら、是非オープンスクールや文化祭などに出向いて、学校の雰囲気に触れてみてください。

我が家の娘は、5年生の時オープンスクールに参加して先輩方の授業を見学したときに、「とても楽しそう、私もやってみたい」と言い、それを聞いて親も腹をくくって中学受験をサポートすることをきめたほどで、その後の娘は目標が明確になり、勉強する態度が明らかに変化しました。

6年間という長い間、その学校で過ごす子供が、この学校に通っている自分が想像できるかどうかというのはとても大切なことですし、親の私たちも、どんなところに力を入れて教育しているのか、校風はどうなのかという判断をすることができます。

また、自分の子供にこの学校が向いているのか、向いていないのかを判断できる重要な機会でもあります。

例えば、校風が自由であるとき、確かに自由な校風はとてものびのびして見えますが、自分で自分を律することができる子供でないとたちまち落ち着きのない雰囲気となりますし、自由というのは自分で考え、判断し、行動する力が必要です。

また、自由な校風は、自分の行動に責任が伴うだけでなく、授業や家庭学習にも主体性を求められる可能性があります。

自分で計画をたて、勉強する力、自分の考えをまとめ、みんなの前で発表する力などが求められますので、自分の子供がそのような環境に置かれても大丈夫かという判断をしなくてはいけません。

入学はしたものの雰囲気になじめなくて、学校生活が苦しくなってしまっては、せっかくの頑張りがもったいないです。

様々な視点、観点から受験を検討することは、とても大切なことであると言えます。

 

中学受験をするか、高校受験をするか考える

中学受験をする場合、どうしても遊ぶ時間を削って勉強にあてなくてはならず、遊びたい盛りの子供に我慢をさせることも多々あります。

友達が放課後遊んでいる時間を塾に当てなくてはいなかったり、家で勉強しなくてはいけなかったりします。

このような生活が大きなストレスとなる場合や、それによって受験へのモチベーションが下がって勉強をしたがらない場合は、受験そのものを見直さなくてはいけないかもしれません。

ここで中学受験と高校受験の良いところを考えてみます。

中学受験は、高校受験がないことで多感な思春期をのびのびと過ごすことができること物事を長いスパンで考えられるので余裕があることです。

一方、高校受験の良いところは、小学校の時代には子供らしく伸び伸びと遊べることや、中学校3年生になり、自分で物事を判断できるようになっているため、進路について具体的に考えやすいなどが挙げられます。

自分の子供にはどちらのほうが向いているのか、親がしっかり判断して行きたいものですね。

 

偏差値以外の視点がむしろ大切かもしれない。

今回は、公立中高一貫校の偏差値以外の選び方についてでした。

合格だけを目指すなら、願書を出すころに志望校の受験対策すればいいという話もあるぐらいですが、偏差値以外の選び方となると、多岐にわたっていて、親も子も、いろいろなことを考えなくてはなりません。

我が家の上の娘は今、中等教育学校4年次生(高校1年生)ですが、今の学校に入ってとても良かったと言っています。

オープンスクールで見た「楽しそうな授業」に四苦八苦しながらも、充実した生活を送っており、親としても、中学受験をしてよかったなと思っています。

折角受験をするのなら、その後6年間を有意義に過ごせるようにしていきたいものですね。

応援して下さる方は、下の2箇所のクリックを、お願いします!

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

Recommend Posts・Ad

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ユラ

ユラ

関東在住、8歳違いの姉妹を育てています。家でできる学習に興味があり、特に基礎学力をつけることを意識しています。家だからこそできることを探しながら、「勉強って楽しいんだよ」を伝えられるように子供たちと一緒に日々勉強中です。

-小学校生活

Copyright© フクロウ先生の小学生向け通信教育ラボ , 2019 All Rights Reserved.