小学生の通信教育・家庭学習を解説するサイト

フクロウ先生の小学生向け通信教育ラボ

小学校生活

小学校入学準備にかかる費用はどのくらい?

更新日:

小学校入学は家族みんなが嬉しい一大イベントですが、やはりそれなりにお金がかかるものです。

入学のお祝いにと色々と買ってもらったりもしますが、大抵のものは自分たちで準備して揃えなければなりません。

どういったものを揃え、どのぐらいの費用がかかるのか・・・いくらぐらい用意しておけば良いのか。

正直、お金の部分は喜びだけでなくシビアについてくるものです。

親子ともども満足のいく入学を迎えるためにも、入学を迎える準備品の費用について把握しておきましょう。



[toc]

小学校入学準備には何が必要?

小学校の入学準備で代表的なものといえば、ランドセルですよね。

必ず必要なものとして準備する中でも最も高額なものと言えるかもしれません。

小学校入学の象徴のようなものでもありますので、こだわりのある方は早めの準備が必要です。

その他必要な物として、

  • 筆箱(鉛筆、赤鉛筆、消しゴム)
  • 下敷き
  • お道具箱(クレパス、色鉛筆、はさみ、のり)
  • 上履き
  • 体操着
  • 雨傘(持参用・置き傘用)

があります。

 

他にも通学が制服の場合は制服代、私服の場合は私服の他、通学靴等も必要になってきます。

その他、学校によって必要なものが異なりますので、確認の上で準備する必要がありますが、標準的にこのようなものを準備する必要があります。

しかし、大抵の場合はどういったものを準備する必要があるのか、入学前登校の際に学校側から提示してくれる場合が多いので、それにしたがって準備をするようにしましょう。

 

小学校入学準備にかかる費用はどのくらい?

先程の必要なものを全て購入するとして、総額いくらぐらい準備しておけば良いのでしょうか?

まずランドセルですが、本当に値段はピンからキリまであって、低価格だと1万円以下のものから、高いものになると10万円を超えるものもあります。

高級ランドセル(約18万円)↓

ランドセルは、子供さんとお財布と相談の上で無理の無い範囲のもので気に入ったものを購入するようにしましょう。

 

筆箱や鉛筆、下敷きといった筆記用具は、5千円もあれば揃います。

鉛筆や消しゴムは予備も含めてなるべく沢山用意しておくことをおすすめします。

ハサミやノリなどをいれるお道具箱は学校指定等もあり、それによって価格も違ってきますが、中身も含めて標準的なものを揃えるとして、こちらも5千円もあればお釣りがきます。

その他、上靴、体操服、傘等を揃えても、1万円もあれば買えるかと思います。

ランドセル以外のものでは数万円もあれば買いそろえる事ができるでしょう。

 

もちろん、学校指定の制服や体操服等となってくると話は別ですが、一般的な公立小学校だとこのぐらいで準備ができるはずです。

それに加えて日々の私服代等もあるものの、そんなに膨大な費用はかかりません。

教科書は入学後、ノートも最初は学校側が購入配布してくれることが多く、それを後に学費として支払う形が公立の学校では一般的です。

大体この程度の費用でおさまると思われますが、全てにおいてこだわりの商品や高価なものをという場合はこの金額では収まらない場合があります。

ただ、まだ小学生ですのでそこまで高価なものは必要ありません。

壊したり汚したりする時期ですので、最初は適度な価格のものをそろえましょう。

 

小学校入学準備~番外編~

小学校入学時期に購入する事が多いものがもう1つあります。

それは、学習机です。

宿題や勉強をする習慣をつけるためにも!

とこのタイミングで購入する人が多いですよね。

うちはもう少し早いタイミングで購入していましたが、これも結構な出費品です。

昔ながらの学習机となると安いものでも2万円位はしますし、高いものだと7万円なんてものも!

正直、そこまでのものは不要かなと思いますが、自分のテリトリーとして整理整頓も身につきますし、勉強する場所という意識付けのためにも、勉強机は必要かとは思います。

ただ、これが行く行くはただの荷物置きになったりしがちなのも事実ですが・・・。

 

ほかにも、入学準備として子供用の携帯などを持たせる事をお考えの方もいるかもしれませんが、学校と相談の上で契約するようにすることをお勧めします。

正直、安全面で持たせられるものならと思うところはありますが、基本的には公立小学校では禁止のところがほとんどです。

ただ、学校が了承してくれてどうしても持たせたいという場合は、子供用携帯等も今は月々数千円と比較的安く持たせることもできますし、本体も実質無料で持つことができたりもします。

通学中は音がしないよう電話としては使用せず、子供の位置確認のためにと持たせている方もいたりします。

また、防犯ブザーも数百円から手に入りますが、学校で配布されるところもありますので、先に確認してから購入するようにしましょう。

 

入学準備費用、学校指定が少なければ安価におさまります

ランドセルという一大入学準備品には多少かかりますが、公立小学校等だとかなり安価で済むという印象です。

幼稚園が私立だった為、あらゆるものが規定品でとにかく1品1品が高価でしたので、小学校入学の際に何て安いんだ!と感動したものです。

とはいえ、逆に私服登校だと今まで以上に服や靴下といったものは必要になってきますが、それでもさほどの出費と感じることなく入学準備ができました。

学習机も最近は、結局大きくなったら使わなくなり、その上捨てるのにも費用がかかる・・・と将来を見越して買わないご家庭も増えてきているそうです。

また、机を置くと物置になったり親が勉強を見づらいので、あえて買わずにリビングで一緒にみてあげるというご家庭もあります。

必ず入学準備として買わなきゃ!というのではなく、自分の家庭のスタイルにあったものを子供さんと一緒に選び準備することをおすすめします。

応援して下さる方は、下の2箇所のクリックを、お願いします!

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

Recommend Posts・Ad

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
くまのすけ

くまのすけ

関西在住、4人の男子の母くまのすけです。何事も自分でできる事は自分で頑張る! が親子共々の方針で、家庭学習に力を入れるべく日々奮闘してます。 1つが正しい!ではなく、子供それぞれの正しいを一緒に見つけていく事が目標です。 子育ても同様、個々に合ったやり方で個々を伸ばしていけたらなと思っています。

-小学校生活

Copyright© フクロウ先生の小学生向け通信教育ラボ , 2019 All Rights Reserved.