小学生の家庭学習

中高一貫校を受験するなら塾はいつから通うべき?

更新日:

中高一貫校の受験を考えた時、塾に入れようと考える親御さんは多いもの。

私立校を受験するのか、公立校を受験するのかによっても塾の必要性は変わってきますし、何年生から通わせるのかについても、私立か公立かでは大きく違い、また住んでいる地域でも違ってくると言えます。

例えば、私の住んでいる関東地方の田舎と東京都心では、公立中高一貫校の倍率も2~3倍違っていて、我が家の上の子が公立中高一貫校を受験したときの倍率は3倍程度でしたが、東京都心では6倍~7倍で、学校によってはもっと高くなります。

私立中高一貫校の受験を選んだ場合と、公立中高一貫校を選んだ場合では塾で学ぶ内容が違いますので、まずはどちらを受験するか決めることが必要で、私立受験に決めた場合は、問題数を沢山こなすためにも早めの対策が必要と考える風潮のようです。

今回は、公立中高一貫校の場合、塾にはいつぐらいから入れたらいいのかということについて、我が家の体験も交えながら紹介していきたいと思います。



[toc]

公立中高一貫校受験対策としての塾の考え方

公立中高一貫の入試は適性試験と呼ばれるものです。

記述式中心の筆記試験の他に集団面接が実施されることが多く、志望動機や将来の夢、試験官の提起した問題について自分の意見を挙手して述べ、ハキハキ話せているか、積極的であるか、受け答えはどうかなど、個性や資質も合格の判断材料となります。

このことからも、勉強ができるだけでは合格は難しいことが分かります。

筆記試験は自分の意見を述べるような記述式が多く取り入れられ、問題を解くだけでは答えまでたどり着けません。

我が家の家がある関東地方の田舎の方では、公立中高一貫校の受験対策コースは5年生からがほとんどで、それ以前は私立対策塾かジュニアコースなどと呼ばれる低学年向けの強化塾となります。

塾の先生にお話を聞く機会があり、実際どのくらいから通わせるのが適当かと伺ったところ、記述、思考型の考え方を育てるには時間がかかるので早いに越したことはないだろうが大体5年生から通わせるお宅が多いとの回答でした。

私個人的な意見も先生とおおかた同じで、早すぎてもモチベーションが続かない、また続かせるための努力が辛いので、5,6年生で自分の意志が明確となり、受験したいと言い始めた時で十分なのではないかという意見です。

それまでは、家庭学習を丁寧にこなす、本や新聞を読み考えをまとめる習慣をつける、興味あるものに徹底的にかかわるなど、中学受験するにあたっての下地作りの時間を大切にしていくことが重要です。

中学受験は、子供だけで乗り越えるのは難しいことで、親も一緒に歩む受験であるのですが、やはり一番大切なことは、受験する本人がどれだけやる気があるかにかかっています。

5,6年生になるまでは下地作りを丁寧にすすめ、自分の意志がはっきりしてきた頃に受験について話し合い、受験の意志がハッキリした場合には塾を考えるという流れで遅くないと考えています。

低学年の時期から受験を考えている場合には、沢山時間がありますから、本を読む習慣、家庭学習の習慣を身につけ、沢山の経験を積み、知識を多く身につけられるようにし、近隣でオープンスクールや学園祭があれば、連れて行ってあげるとより目標がはっきりしますね。

それから塾を考えても遅くはありませんし、塾なしでも合格することは実際に可能です。

 

塾ではどんなことを学ぶのか?

塾を考えている場合、もし塾に入れたらどんなことを中心に学ぶのか気になることと思います。

公立中高一貫校の適性試験では、自分の考えを述べる問題が多いと言いましたが、塾でもそのような部分を強化した問題を演習することになります。

いわゆる「記述型」「思考型」などと呼ばれる「深く考え述べる」問題で、問題の数をこなし、とにかく学習量を上げるだけの学習の仕方では乗り越えられない問題ばかりで、学習量の増やすだけでは、記述、思考の力を育てるのは難しいです。

この記述、思考型の考えを養うにはとても時間がかかりますし、塾に入れたから解決するかというと、そうではないことも多く、低学年の頃から丁寧に意識して育てていく必要があります。

記述型、思考型の考え方、学習は家でも十分にできますが、限界だなと感じた時、そこで塾に入れることを初めて考えるのですが、塾に入れることで、記述式の問題に慣れることの他に、相談、質問する先生がいること、同じ目標に向かう仲間と出会うことなどで親子共々頑張る糧を得ることができ、受験勉強の励みにもなります。

塾で学ぶことは、記述、思考型の問題の演習が中心となりますので、それまでに家で作文を書く練習、自分の考えをまとめ、述べる訓練、沢山の知識を付けるような体験をたくさん積んでおくと、塾にすんなり入っていくことができるのではないでしょうか。

我が家は塾に一年だけ通わせましたが、受験に向かって共に頑張る仲間を得、悩みに親身になって答えてくれる先生に励まされて受験に挑むことができ、とても心強かったです。

学力や思考力を伸ばすことが塾に入れる目的ですが、仲間を得られること、いつも見守ってくれる先生に出会えることもとても大きな利点であり、お勧めできる一つのポイントでもあります。

 

塾選びは家庭の状況に合わせて!

今回は公立一貫校を受験するときの塾の考え方について紹介してきました。

塾選びは、家庭の状況や教育方針、志望校に合わせて選ぶほかなく、これという正解は無いように思います。

実際、我が家の娘の通う公立中高一貫校では、塾なしで合格している子が本当に沢山いらっしゃいますので、塾なしで家庭学習で受験に挑む選択もあります。

我が家の娘は、積極的には程遠い、引っ込み思案でおとなしい子で、受験させても良いものか、試験を突破できるのか不安だったものですが、共に頑張る仲間を得、いつも見守ってくれる先生に出会うことができ、1年間だけでしたが塾に入れて本当によかったと思っています。

皆さんも受験を考えるときには、自分たちの環境に合わせた塾選びで、良い塾と巡り合うことができるといいですね。

Recommend Posts・Ad

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ユラ

ユラ

関東在住、8歳違いの姉妹を育てています。家でできる学習に興味があり、特に基礎学力をつけることを意識しています。家だからこそできることを探しながら、「勉強って楽しいんだよ」を伝えられるように子供たちと一緒に日々勉強中です。

-小学生の家庭学習

Copyright© フクちゃんの小学生向け家庭学習ラボ , 2019 All Rights Reserved.