小学校生活 英語 小学生の家庭学習

小学生の英語教育はいつから何が変わる?義務化・必修化で親が知っておくべきこと


近年、変化と進化を続ける小学生の英語教育、保護者の方からは「どこまですればいいの?」という疑問の声と「どのような内容なのか?」という不安の声をよく聞きます。

そこで、この記事では、義務教育だけどこまで役に立つ英語が身につくのか、小学校の義務化・必修化で知っておくべきことをご紹介します。



[toc]

2020年から小学校の英語教育がかわる!その内容とは?

英語教育は文部科学省の指針によって内容が変わります。

英語教育に関して、国が求めている水準に子供たちの英語の能力を引き上げようということから、英語教育の重要性が見直され、小学生の英語の授業時間が増えることになりました。

では、具体的になにが変わるのでしょうか?

変更前は小学5~6年生は「外国語活動」という項目でしたが、変更後は「英語」という教科になります。

さらに小学3~4年生では、今までにはなかった「外国語活動」が取り入れられます。

それにともない、英語を学習する時間数も増加します。

「外国語活動」では年間35時間という時間数がもうけられていましたが、「英語」になると年間70時間に増えます。

また、今までは「英語にふれて楽しむ」という考えが主流でしたが、今後は「英語スキルを重視し、小学生の期間に扱う英単語数は600~700語にする」ということにもなりました。

 

小学生の英語義務化・必修化で親が知っておくべき学習内容

英語を話す・聞く能力が求められる

英語授業の内容の大きな変化としては、「英語の活動を通じて外国語に触れ合う」というものから、「英語のコミュニケーション能力を養う「スキル」を重視する」点があげられます。

「聞く、話す」というような英語能力のレベルを上げるために、学校の授業はすすみます。

具体的には、身の回りの内容(天気や好きなスポーツ等)に関する質問を先生が問いかけ、子供は英語で答えられる、というような授業です。

これは以前からある「外国語活動」の授業でも行われてきたことですが、「英語」になると、それよりも少し複雑でより多くの英単語を使って伝える内容に変わります。

また、会話を継続させるということも重視されるようになりますよ。

成績表に「英語」が追加される

教科として英語になるので、成績表に「英語」の科目が追加され、評価されます。

評価の基準としては、

  • 主体的に取り組む態度
  • 思考・判断・表現
  • 知識・技能
  • パフォーマンス評価
  • 活動観察

です。

なんのこっちゃ?という感じですが、これから読み取れることは、筆記のペーパーテストだけでなく、授業中の取り組みやコミュニケーション能力が考慮されるということです。

 

英語必修化のメリットとデメリット

早期に英語に親しむことは、保護者にとっては良いことと考えられがちです。

しかし、本当に良いことだけなのでしょうか?

英語必修化のメリットとして考えられることは、

  • 英語におけるコミュニケーション能力が向上する
  • 学習時間の増加で中学英語へスムーズに移行できる

というものがあります。

コミュニケーション能力に関しては、今まで以上に「聞く」「話す」ということが重視されますので、授業では会話をメインとした内容になりますから、好ましい変化だと考えます。

また、以前の「外国語活動」の授業だと地域や学校の方針により異なる場合があるので、子供のレベルの格差が生じる傾向にありましたが、「英語」という教科になれば教科書が使用され、教育指針も明確になるので子供の学習格差を減らす効果もあります。

中学校で学習する英語への関連性としても、小学校で授業内容が改善されると見れば、よりスムーズに中学校で習得する英語内容へ移行できると考えられます。

英語必修化のメリットについては、こちらもお読みください▼

小学生の英語教育の賛成意見からみる必修化・教科化13のメリット

 

一方、英語の必修化によるデメリットはなんでしょうか?

例えば、英語の時間数が増えることにより

  • 他教科の時間数が減る
  • 担任が英語を指導することになる

ということがありますね。

学校全体の授業時間数が増えるわけではないので、英語の時間が増えることにより他教科の時間数は減ります。

また、今まで英語を指導していなかった小学校の教師がいきなり英語の授業をすることになります。

以前の「外国語活動」の授業では、外国の先生が楽しく授業をしてくれるイメージがありますが、義務教育となると資格をもった教師が対応することになります。

これにより、教師の英語教育の質の向上が課題となりますよね。

英語必修化のデメリットについては、こちらもお読みください▼

小学生の英語教育に反対の意見からみる必修化・教科化10のデメリット

 

まとめ

小学生の英語教育の前倒しによって、中学校や高校での英語をスムーズに習得できるというメリットは大きく感じます。

しかし、同時にデメリットがあることも理解していかなければなりません。

これらを親が知っておくことで、子供の家庭学習で何をしたらいいか?参考になると思いますよ。

英語の家庭学習については、こちらの記事もお読みください▼

Recommend Posts・Ad

  • この記事を書いた人
フクちゃん

フクちゃん

関西圏在住、3人の子供がいます。 小学生の家庭学習や子供の教育について研究&解説しています。 子育て方針としては、学校の偏差値や点数よりは、将来食べていけるかどうかという長い視点で総合的に判断することが多いです。

-小学校生活, 英語, 小学生の家庭学習

Copyright© フクちゃんの小学生向け家庭学習ラボ , 2019 All Rights Reserved.