英語 小学生の家庭学習

小学生の英語塾は必要?いつから通うと効果がある?

更新日:

小学生高学年から学びが始まる英語ですが、中学生になると瞬く間に難しい文法や覚え切れない単語に囲まれ、それはもう大変です。

また、最近の日本を見ると、英語の重要性は言うまでもないほど必要な場面が多々あります。

そういった色々な意味で小学生のうちから英語塾をと考える人も増えてきているようです。

とはいえ、小学生から必要あるの?!と半信半疑な人や迷っている人も多いはず・・・。

小学生の英語塾は必要なのか?いつから通うと効果があるのか?

そんな小学生と英語塾について、経験者の声を元に調査してみました。



小学生の英語塾は必要?

英語塾・・・

と一言で言ってもどういったものを英語塾とするかという事ですが、大きく分けて英会話を主体とした英会話教室と、文法などが主体の英語塾に分かれます。

まずはどういった英語力を身に付けたいかを明確にすることで、このどちらに通うか、また、両方通うのかという形になってきます。

英会話重視ならば、英会話教室でリスニングも含めた実用的なレッスンを受けることになりますし、受験を目指す等の目的となると塾の英語といったものを選ぶのは当然のことです。

そうした目的も含めてこの問いにこたえると、小学生の英語塾の必要性は目指すものによって必要とも不要とも言えてしまいますが、もちろん習っておくことに越したことは無いと思いますし、やって無駄なことはありません。

どちらに通うにしても、英語に対する免疫力がつくと、学校で英語を学ぶとなった際に抵抗なく授業に入れる点は大きいと思います。

小学生の英語教育はいつから何が変わる?義務化・必修化で親が知っておくべきこと

 

どうしても英語に対してアレルギーを持ってしまう人も多いですし、特に子供は発音を恥ずかしがったりしがちなもの。

そういったものがなく授業に抵抗なく専念できるのは、最初のつまずきを防ぐ意味でもとても大きい事です。

また、近年の小学校の授業はどんどん前倒し傾向にあり、英語も例外ではなくなってきています。

そうした流れを考えても、小学生のうちから英語塾で英語を学んでおくことで先々の英語勉強の負担を軽減することは、決して無駄ではないと思います。

小学生の学校英語で覚える単語数はいくつ?授業内容はどんなもの?

 

英語塾はいつから通うと効果がある?

効果の感じ方も現れ方も人それぞれですので、一概にいつから始めれば効果的とは言えませんが、英語耳ができるのは生まれてから7~8歳頃までだと言われています。

その間に英語に触れることで、耳にすることで英語耳が養われると言われていますので、そういった意味では8歳頃までに英語と触れ合う環境があるのが望ましいと言えます。

知人の英会話教室の先生の話では、個人差はありますが、傾向としてはやはり小さな子の方が習得が早いと感じると聞きました。

そういった事からも、できるだけ早く英語に触れる環境があると英語習得に効果があるのではないかと思います。

小学生の英語教育の賛成意見からみる必修化・教科化13のメリット

 

ただ、こんな体験談もあります。

幼児から英語を習っていても、アドバンテージがあるのはせいぜい中1の最初位までで、その先は出来る子だと数ヶ月で習得して追い越していくものなのだとか・・・。

といっても、やらないよりやった方が良いに決まっていますし、その積み上げたものがなければ、もっと出来る子との差が広まることになりますので決して無駄ではないのです。

何より気持ちが1番大切だと思いますので、やる気になったときがやり時です。

思い立った時、お子さんがやる気になっている時に始めるのがベストです。

小学生の英語教育に反対の意見からみる必修化・教科化10のデメリット

 

英語塾だけでは無理!家でのフォローが大切

多くの英語塾経験者から聞こえてくるのが、英会話と中学英語は別物だという事です。

なので、まず英語塾を選ぶ際に目的をはっきりする必要があります。

実用的な会話力を身に付けさせたいのであれば英会話教室ですし、中学受験や中学以後の受験を見据えての英語勉強をと考えているのであれば、塾に通うべきです。

もちろん両方を備える為に両方通う事も含め、その点を理解し目的を明確にして英語塾を選ぶようにしましょう。

そして、何より大切なのは週1回の英会話教室や塾だけでは習得するのは無理だという事です。

特に英会話は毎日英語を10分でも聞き、続けていくことが大切なのだそうです。

特に英語という言語の中で暮らしているわけではないわけですから、そういった環境を作らなければ1歩進んでも数歩後退していては意味がありません。

英語塾でもそうですが、教室に通っているからと安心して丸投げするだけでは英語は出来るようにならないということです。

英語は続けることがとても大切な教科です。

日常の生活で使わないだけに、せっかく身についたものを無駄にしないためにも、難しい事ですが普段の会話に英語を取り入れたり、家でも英語を使えるよう工夫してそうした環境を作って行くことが上達への近道のようです。

英語塾の場合は宿題といった形で英語に触れることができますので、いずれにしても英語習得のためには、習っている日以外でも毎日英語に触れることが、最も重要なことだと言えそうです。

小学生の英語勉強法!子供が効果的にできる学習方法とは?

 

小学生の英語塾、塾任せにせず家学習は必須!

小学生から英語塾なんて早いのでは?!そんな意見もありますが、経験者の声を聞くと早いうちから英語になれておくことはとても意味があると感じました。

ただ、何を目的にしてどういった英語塾を選ぶかはとても重要で、実用的な英会話重視なら英会話教室、受験や中学での勉強の前倒しが目的なら英語塾と目的にあったものを選ばなければなりません。

さらには、通えば安心ではなく、英会話にせよ英語塾にせよ家庭学習が必須だということを皆口をそろえておっしゃっていたので、英語というのはコツコツ積み重ねが必要な教科なのだなという事を実感しました。

小学校で英語教科が必修化!新学習指導要綱で授業や入試内容はどう変わる?大学入試も変化する

Recommend Posts・Ad

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
くまのすけ

くまのすけ

関西在住、4人の男子の母くまのすけです。何事も自分でできる事は自分で頑張る! が親子共々の方針で、家庭学習に力を入れるべく日々奮闘してます。 1つが正しい!ではなく、子供それぞれの正しいを一緒に見つけていく事が目標です。 子育ても同様、個々に合ったやり方で個々を伸ばしていけたらなと思っています。

-英語, 小学生の家庭学習

Copyright© フクちゃんの小学生向け家庭学習ラボ , 2019 All Rights Reserved.