小学校生活 英語 小学生の家庭学習

小学生の学校英語で覚える単語数はいくつ?授業内容はどんなもの?

更新日:

2020年から学習指導要領が変更になり、小学校での英語の授業はどのように変化するのでしょうか?

保護者が小学生の時には実施されていなかった内容の英語の授業がすすめられています。

この記事では、小学生の学校英語で覚える単語数はいくつ?授業内容はどんなもの?についてご紹介しますね。



[toc]

小学校英語の覚えるべき単語数は?英語授業が科目になる!

今までは、小学5・6年生に対して「外国語活動」と呼ばれる授業が年間で35時間ありました。

それが、「英語」となり年間70時間の授業数になります!

これは、グローバル化する社会の変化に対応するべく、早期から英語や異文化に触れ、コミュニケーション能力を培おうとする背景があります。

年間70時間に増えるということは、週1回の英語の授業が週2回に増えるということです!

そのようななかで、小学校5・6年生が習得する予定の単語数は600~700語を想定しています。

今後の英語の具体的な授業は以下の内容です。

  • アルファベットの文字の認識
  • 単語の習得
  • 国語と英語の発音の違いやそれぞれの特徴
  • 文の構造の違い

今までの「外国語活動」では、「聞く・話す」という授業内容が中心に行われてきました。

具体的には、授業中は外国の先生が来て、あいさつやゲーム、音楽を楽しみ触れ合うということをしていますよ。

それが「英語」という教科になると、「読む・書く」という内容も追加されます。

ただし、中学校で学習する文法等の勉強ではなく、聞くことや話すことが出来る内容に対して読むことや書き写すという程度の内容になります。

これは、中学校で学習する英語の授業にスムーズに移行できるようにという意図があるようです。

この「英語」教科化については、様々な意見が飛び交っています。

こちらの記事も参考にお読みください▼

 

小学校の英語はどのような授業をするの?

アルファベットに関しては、自宅で学習している人や日常生活で学習している場合もありますが、小学校では文字として学習しますよ。

例えば、アルファベットのカードを見せ、CD等の音源で発音を聞く、などです。

これで読み方と発音の学習をします。

学校によっては、アルファベットを使用したゲームを行っているところもありますね。

数字についても、アルファベットと同様に学習します。

数字の場合は、電話番号等の身近な数字を英語で話し、クラスメートとペアになってお互いに伝えあうこともしますよ。

あいさつは、先生から生徒に言葉を投げかけ、生徒が先生に応えるようにします。

お馴染みの「Hello」から始まり、「How are you」と続きますね。

一般的な挨拶を学習してから、自己紹介の言葉を学習します。

主に

  • My name is ~. (名前)
  • I have ~.(買った衣服の紹介など)
  • I like ~. I don't like ~.(好きな色や嫌いな色)
  • Thank you.(あいさつ)

というような自分の言葉で伝える授業をします。

この場合、グループで行う場合やペアで行う場合もあり、最終的に発表する形式が多いです。(スキットなどと言いますね)

このように、英語の授業では先生の話を一方的に聞く授業ではなく、先生と生徒がコミュニケーションをとりながらすすめられ、生徒同士でのコミュニケーションも重視されます。

小学校で学習する英語の授業は会話を続けることができるような内容になります。

 

小学生の英語を自宅学習するには、市販のドリルも補助として有効です!▼

小学生の英語学習に使える市販ドリル・問題集おすすめ人気3選!

 

新学習指導要領にむけての英語教科書

「外国語活動」では、主に外国の先生が授業をすすめてくれました。

CDやパソコンを使用することもありました。

今後は英語の教科書も作成され、担任の先生が「英語」の授業をすすめることもあると想定されます。

実際、文部科学省の方で教科書の用意が進んでいますよ。

2018年現在で、学校で使用される教科書についてはこちらの記事で紹介しています▼

小学校の英語教科書を購入する方法は?文部科学省が定めたテキストと授業内容の評判

 

「英語」の教科書では、絵と絵を選択する、絵と文字を選択するというような問題も出る予定です。

具体的には、桃の絵と「peach」を線でつなぐような問題などです。

また、果物の絵や乗り物の絵が記載されており、その単語も記載され単語の知識を習得する教科書になっています。

英語では、物の名前だけでなく、動詞を使った短文が記載されています。

具体例としては、

  • I play ~
  • I want ~

のような文章を読むことや話すことが求められます。

 

リスニングでは、町の紹介文が流れ、絵を見て選択するような問題が記載される予定になっています。

簡単な受け答えの文章から、説明文の聞き取りまで習得する予定になっており、小学校の英語教育としては、今までの外国語学習よりも、中学校で学習する内容にも大きく関係のある分野を学んで行きます。

ワークシートと呼ばれるプリント学習も実施される予定になり、コミュニケーション重視と言われていても、書くことも求められます!

書くレベルは、見本にそって書くものが多くはなりますが、グループワークのように友達から聞き取った内容を書く問題もあるようです。

 

まとめ

英語の授業内容や時間数が変更になることで、子供にとっても大きな学びの機会になりますね!

その一方で課題も多くあり、複雑化する授業に子供がついていけるか不安に感じることもあります。

皆さんはどう思われますか?

Recommend Posts・Ad

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
フクちゃん

フクちゃん

関西圏在住、3人の子供がいます。 小学生の家庭学習や子供の教育について研究&解説しています。 子育て方針としては、学校の偏差値や点数よりは、将来食べていけるかどうかという長い視点で総合的に判断することが多いです。

-小学校生活, 英語, 小学生の家庭学習

Copyright© フクちゃんの小学生向け家庭学習ラボ , 2019 All Rights Reserved.